【副業2020年】在宅で出来るおすすめ副業厳選10選【現実的なもののみ】 



新型コロナウイルス→大不況というシナリオに備えよう

新型コロナウイルスの影響により社会が大混乱しています。過去にこれほどヒト・モノ・カネの分断が起きたことはなかったので、今後どれほどの影響が出るか計り知れません。

ですが確実に言えることとして、相当大きな経済不況が来るでしょう。この結果、連鎖倒産やリストラが急増すると予想されます。

こうなると生きていくために自分で稼ぐ力が重要になるでしょう。この記事では、「今のうちから副業を始めて稼ぐ力をつけたい!」という方のために、これまで私自身が行ったことがある現実的な副業を中心に紹介します。「薬の治験」や「チャットレディ」のような現実味のない副業は含まれません。





在宅で出来るおすすめ副業厳選10選

在宅でできるおすすめの副業としては次の10個があります。

  1. 経理(データ入力)
  2. ホームページ(ランディングページ)制作
  3. 翻訳
  4. アプリ販売
  5. 株式投資
  6. 大家さん
  7. 執筆業
  8. 建築模型制作
  9. 野菜作り
  10. ブログ

以下にそれぞれの副業について、取り組みやすさやその内容を説明していきます。





経理(データ入力)

基礎的な簿記の知識があれば、在宅でも手軽に始めることができ、確実に稼げる副業となります。どちらかと言うと時間を売ってお金に変えるイメージに近いですが、簿記というスキルに基づくことで高めの単価となります。

仕事内容は、基本的には企業や会計事務所から送られてくる資料・レシートなどを見ながら、決められたの会計システムに仕訳を入力していくという仕事です。

仕事を受注するために簿記の知識資格があった方が良いので、まずはその取得から準備しましょう。日商簿記2級などの資格はアカウンタンツライブラリー のようなオンラインスクールで勉強することで比較的簡単に取得することができます。

仕事の受注はジャスネット在宅スタッフ クラウドワークス などのクラウドソーシングのサイトを使うのが良いです。特にジャスネット在宅スタッフ は経理関係の仕事に特化したクラウドソーシングサービスですので受注の可能性が高いです。



ホームページ(ランディングページ)制作

ホームページ制作と言うと、専門的なものは難易度が高く素人が副業で手出しできるようなものではありません。素人が副業で取り組むのであれば、まずはランディングページと言われる一枚ペラのウェブページの制作から入るのが良いです。

ランディングページとは一枚のページにその商品の魅力や購入方法などを記載したページで、縦に長くスクロールして読むようなものです。広告などをクリックするとよく表示されるタイプのページです。

このランディングページを企業や個人から受注して製作することが副業となります

具体的にはペライチ というランディングページに特化したツールがありますので、これを使います。ペライチ にはテンプレートがたくさんありますから、テンプレートをうまく活用することで、お客様の希望に合ったランディングページを素早く制作することができます。

こういった仕事はココナラ のようなスキルを販売しているサイトで営業して獲得することができます。ココナラ にはランディングページ制作の集客案件が数多く掲載されていますので、ライバルとなるサービスを研究すると良いです。



翻訳

英会話英語翻訳

もし英語などの語学に抵抗がなければ、翻訳を副業にするという手があります。別に英語ペラペラなどのスキルがなかったとしても、翻訳の仕事は本質的には専門的な内容を調べて相手にうまく伝える仕事ですので、現時点での語学力はあまり関係ありません。

ただし翻訳については、最近AI翻訳などの新しいツールが出てきており、かつ翻訳者を目指す人の数もそれなりに多いため、副業で仕事を獲得することは容易ではありません。

最初は経験を積むつもりで、クラウドソーシングサイトなどで募集されている案件を安く受注してやってみると良いでしょう。

もし本格的に翻訳の道に進みたいということなら、こちらの書籍「翻訳というおしごと 」が参考になりますので読んでいただけると良いです。



アプリ販売

スマホや iPhone が世の中に出てきた時には、これらで動くアプリを作って販売するというのが流行りました。現在はアプリ自体がかなり飽和していますので、これから参入してすぐに稼げるかと言うとなかなか難しいものがあります。

ですが元々プログラマーであるとか、プログラミングが好きという人にとっては、趣味と実益を兼ねつつ、在宅でできる副業としてなかなか良いものです。

もしイチからプログラミングを勉強しようということであれば、TechAcademy [テックアカデミー] のようなオンラインスクールでプログラミングを学ぶのがオススメとなります。そこから稼げるようになるまでは長いかもしれませんが、プログラマーは付加価値や希少価値が高いので、長期的な戦略としては悪くありません。

やがて独立して個人事業主としてプログラマーになる、という手もあります。実際そういう人もたくさんいます。 

本格的なアプリでなかったとしても、ちょっとしたExcelマクロなどを有償で販売してするという方法もあります。例えばBASEなどで販売したり、自分でウェブサイト立ち上げてダウンロード販売するという手もあるでしょう。



株式投資

株式投資やFXは短期間で大きく稼ごうとすると、どうしてもギャンブル性が強くなります。もちろんそれが楽しいという方であればそれで良いのですが、不況の中生きていくということで考えるとある程度堅実なリターンが必要です。

堅実なリターンを求めるのであれば「バリュー投資」に代表されるような長期投資という考え方が必要です。バリュー投資については、下記にて詳しく説明していますので、よろしければご参照ください。

バリュー投資の方法を教えます (ココナラ)

副業とはちょっと違う財形の話になりますが、個別の銘柄株の投資ではなく、NISA(ニーサ)やIdeco(イデコ)といった仕組みを活用して、投資信託でお金を積み立て増やしていくという方法もあります。NISAやidecoは国が後押ししている損しにくい仕組みですので、やらない手はありません。

もし「まだやっていなかったよ」という方は、以下の記事を参照して始めて見てください。



大家さん

大家さんはマンションの部屋やアパート一棟など不動産を購入して、賃貸に出すことで賃料を得るビジネスモデルです。部屋の管理を不動産会社などに外注してしまえば、何もやらずにお金だけが入ってくる「不労所得」の実現となります。

ですが初期投資が大きいぶんリスクも大きく、部屋が空き室のままとなれば収入がゼロですので難しい面もあります。 これからは少子化高齢化ですから駅近の物件など付加価値の大きいものを選ぶ必要があります。 

ですが、こういったリスクの大きなこと素人が副業としてやるには難しいです。このためおすすめしているのは、不動産賃貸業を行っている会社に小口で投資してリターンを得るという方法です。

例えばこちらの【一口家主】 は、一口50万円からの出資で不動産賃貸業を行っている会社に投資を行い、賃料として上がってきた収益を出資者に分配するモデルとなっています。これであればリスクを抑えて大家さん(実際にはちょっと違いますが)になることができます。

執筆業

執筆業とはつまりライターの仕事のことです。ただし、Web メディアや雑誌でなどから記事を書く仕事をもらうのはなかなかハードルが高く簡単ではありません。

そこで、これまでの自分の経験や知識を本にまとめて販売するという方法があります。自分にとっては当たり前のことでも、 他人にとっては貴重な情報源となることがあるので、それが価値となって対価を得ることができます。

本にまとめて販売するといっても、通常の書店に並ぶような本は商業出版と言って、やはりハードルが高く簡単ではありません。一番簡単な方法は、AmazonのKindleを使っていわゆる「 Kindle 本」を出版することです。

Amazon にはダイレクトパブリッシングというサービスがあり、自分で原稿を書けば、すぐにそれをKindle本にして販売することができます。 Amazon の独占販売にすれば、印税も70%と通常の商業出版と比べても大きいものです。また、読み放題プログラムに参加すれば読者はゼロ円でその本を読むことができ、読まれたページ数に応じた金額が作者に支払われるようになります。

私もこのやり方で下記のようなKindle本を販売しており、毎月わずかですが収入が発生しています。 税理士試験の合格を通じて自分が学んだ勉強方法を書いたものです。



建築模型制作

模型作りは男子にとって普遍的な趣味ですが、これが副業になる可能性があります。

ひとつはガンプラのようなプラモデルを制作してオークションなどで売るという方法です。ただしこれはかなりオタクな世界であり、すでに参入者も多いことから、なかなか厳しいものと予想されます。

もう一つは建築模型の製作です。よく家やマンションのショールームに行くと完成予想図が模型で作られたりしていますが、これを制作する仕事です。

元々は建築士や設計を勉強している学生が制作するものですが、一般の方でもスキルを磨いて建築事務所と契約し、模型の製作を下請けとして請け負うことができます。建築模型の製作は単価も高いので、趣味と実益を兼ねた副業として実現性が高いものです。

以下の「がくぶん 」の通信講座で建築模型制作のノウハウを勉強する事ができますので、興味があれば資料を取り寄せて検討してみてください。 

野菜作り

野菜作り

趣味と実益を兼ねた副業という意味では「野菜作り」があります。よく自宅の庭やベランダで野菜作りをしている人がいますが、ここで出来た野菜を自分で食べずに販売するということになります。

野菜の販売の方法は農産物直売所か、もしくは自宅の敷地にちょっとした場所と料金箱を設けて販売するという方法があります。

自分で作った野菜を販売するぶんには特に許可や資格は必要ありません。ただしジャムなど加工品にして売る場合には保健所の許可が必要となります。

自宅の近所に農産物直売所などがあれば問い合わせてどのようにしたら出荷できるか尋ねてみるといいです。

本格的な生産販売となると、まとまった農地が必要ですが、農地の取得は容易ではありませんので、まずは貸し農園を借りることを考えましょう。菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】 」では各地で貸し農園を展開していますので興味があれば一度見学されると良いです。



ブログ

最後に紹介するのがブログです。最近はブログを書いて稼ぐというのが一種の流行であり、多くの方が参入していますが、ほとんど稼げないというのが現実です。

あるアンケート調査では月に1万円稼げれば上位5%くらいに入ってしまうというほど、稼げません。その反面、月に100万円以上稼ぐような強者も実際にちらほら存在しています。

要はやり方次第ですし、稼げている人も稼げるようになるまで何年もかかったという事を言っています。収益ゼロ円で長期間我慢できるかどうかです。こちらのブログも開始して2-3年が過ぎていますが、正直些少な収益しか得られていません。

ですが、在宅でできる副業という点では親和性が高く、始めやすいことも確かです。もし可能性を信じて挑戦してみようという場合は、こちらの書籍「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座が関連書ではベストです。参考にされると良いです。

以上、在宅で出来るおすすめ副業厳選10選、という話題でした。本来なら副業などしないでも、本業だけで暮らしていければ良い話ですが、これから数年間2025年くらいまでコロナショックの復興には時間がかかるでしょう。人生を楽しみつつ、自分と家族の暮らしを支えることができれば最高ですね。

★ ★ ★ 人気記事 ★ ★ ★