日本で買ったSIMをフランスで使った話

ありがたいことに2017年9月に一週間ほど休暇を頂きまして、フランスとベルギーに行ってきました。旅行中のネット接続をどうしようかということで、いろいろ検索したところ、下記のプリペイドSIMをアマゾンで発見。早速購入しました。

今回はその際の設定方法や現地での使用について書きます。

最近ではほとんどのホテルや特急列車にも無料WiFiが導入されていますし、以前と比べて高速で安定しており結構十分だったりします。ただ、外を歩いていてネット接続が必要になる場合もあると思い準備しました。かといって現地でSIMを購入するというのも面倒ですし時間ももったいないですしね。

 

モバイルルーターを使用

まず今回の環境ですが、上記のSIMはAterm MR04LNというモバイルルーターに入れて使いました。モバイルルーターを使えば複数のスマホやタブレットで使えるからです。その必要が無ければSIMフリーのスマホ1台で充分かと思います。

 

準備の注意点

MR04LNの準備での注意点は下記のとおりです。

  • このルーターは3G専用のSIMでは動作しない。上記のSIMでは問題なかったですが、これではまっている方も多いのでご注意ください。
  • 海外で使うための詳細設定はルーター単体ではできない。Bluetoothとかで別のパソコンに繋げてブラウザ経由で設定する必要がある。このため日本にいるうちに設定しておいた方が良いと思います。私もそうしました。
  • SIMサイズがMicro SIM。スマホで使うことが多いNano SIMではないので注意が必要。上記のSIMは両方対応できますが、切り取り線に沿ってカッターで切る必要があるので、これも日本にいるうちにやったおいた方が良いです。

 

設定方法

次に設定方法は、次のNECのマニュアルWebページの内容が参考になりました。私はこちらの2つでできましたので、ご参照ください。

使ってみた感想

実際の使い勝手については下記のような状況でした。

  • シャルル・ドゴール国際空港に着いてすぐにルーターの電源をオン。電波は捕まえましたが、SIMのロックを外すためのパスコード入力を促される。購入した時のパッケージに書いているコードを入力、問題なく繋がった。
  • その後もフランス国内では概ね順調に接続できた。速度も問題なし。ただし、田舎や地下鉄では電波が来ておらず繋がらなかった。これはそういうものなのかも。
  • 度々SIMのロックを外すためのパスコード入力を促され、これを入力しないと繋がらない。何らかの設定で回避できる問題かもしれません。
  • 途中ベルギーまで出かけたが、ベルギーでは繋がらなかった。これもそういうものなのかもしれません。

 

以上、今後旅行される方の参考になれば幸いです。