夫婦間の贈与で注意すること

夫婦の間で資産を贈与した場合の扱いについて考えてみたいと思います。夫が働く会社からの給与振込は通常夫名義の銀行口座になっていますので、ふだん家計のやりくりを夫名義の銀行口座で行っているという家庭は多いでしょう。そのうち、一部を妻名義の銀行口座へ移すというのはよくある話しだと思います。

 

夫婦間でも贈与税がかかる

こういう場合でも夫と妻は別人と考えて、夫から妻に贈与があったと考えます。そうすると、年間110万円の非課税枠を越えると贈与税がかかることになります。

これが夫が亡くなって、妻に相続ということですと、相続税には配偶者控除という制度があって1億6千万円までは非課税となります。つまりよほどの資産家で無い限り、夫から妻への資産移転には税金がかからないのです。これは、そもそも夫と妻が協力して形成した資産であると考えれば、当然の話です。

ところが、相続ではなく生前に贈与しておこうとすると、贈与税がかかってしまう、若干矛盾した制度になっています。贈与税にも配偶者控除の特例があるのですが、これは居住用不動産(夫婦で住んでいる家)の贈与で婚姻期間が20年経っているのであれば2000万円まで課税しません、というもので、ちょっと趣旨が違います。

 

非課税枠の範囲での贈与

現実問題としても、例えば先に夫が亡くなると夫名義の銀行口座が凍結されてしまい、しばらくは妻であっても引き出すことができず、お金に困るということが起きる可能性があります。

それで、年間110万円の非課税枠を使って少し妻名義に移しておこうか、という話になります。年間110万円を越えなければ贈与税の申告も不要なので、少しずつ移そうということになります。

 

夫婦間贈与で注意すべきこと

このときに注意しないといけないのは、税務署からみて連年贈与と判断されないようにすることです。連年贈与とは、例えば最初から1000万円の贈与を意図して、毎年100万円ずつ10年間続けて贈与することです。連年贈与と判断されると一括で贈与したものとして贈与税が課税される可能性があります。

連年贈与と判断されないためには、次のような対応をしておくと良いでしょう。

(1)現金で渡したりせずに口座振込にして記録を残す。

(2)贈与契約書を作成しておく。毎年作成して、自筆のサイン、実印の押印、を行う。

(3)定期的に実施しない。同じ時期に贈与しない、1年あいだを空ける。

(4)たまに110万円を越える金額(例:120万円)で贈与をして贈与税の申告納税を行う。

夫婦間の贈与など普段あまり考えないことかもしれませんが、もしものときに困らないように長期的なプランが必要ですね。

生前贈与について勉強したいということであれば、こちらがおすすめです。

以上、夫婦間の贈与で注意すること、という話題でした。

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

詳しいプロフィールを見る

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

お問合わせはこちら

2017年の株式投資の成果をまとめてみた

サラリーマンにおすすめの株式投資の方法は何と言ってもバリュー投資という方法です。バリュー投資は株式銘柄をいくつかの条件でスクリーニングして、スクリーニングの結果適切と判断される銘柄に投資するという考え方です。

 

バリュー投資

サラリーマンなど他に仕事がある人は、平日の場中に株式の値動きを見ている時間はありませんから、どうしても投資投資した後そのままほったらかしとなります。そうであったとしても長い間をかけて次第に値上がりし最終的にキャピタルゲインつまり値上がりによる利益を手にするという考え方がバリュー投資です。

短時間の間に株式の値上がりや値下がりに一喜一憂することなく、一度決めた銘柄を長期保有してそれによって利益を得ていくということになります。忙しいサラリーマンにはまさにうってつけの投資法です。

バリュー投資については書籍がたくさん出ていますので、興味がある方は是非一度本を読まれることをお勧めします。

 

 

私の投資成績

私の場合は、もう10年ほどこのバリュー投資というのを続けていて基本的に資産を溶かす(損をする)ことはありませんでした。むしろ資産が順調に増えています。投資して得た利益をまた再投資することで複利効果が得られますので、資産が膨らんでくるということを経験しています。

折れ線グラフにしてみると、次のような感じで成長しています。

短期的なデイトレーディングと違い、短い時間で大きな利益を得ることはできませんが、現在のような低金利の状況にあっても、普通預金などにお金を預けて置くよりはるかに高いリターンを産むことができています。

試しに、最近の投資の結果について振り返って確認してみたいと思います。

2017年の投資結果は+15%でした!2016年が+11%、2015年は-2%、2014年は+31%となっています。銘柄の入れ替えもありますし、年によってばらつきがありますが、2010年からの通算成績で見ますと+195%となっていまして複利効果がかなり効いています。

 

フィルターのやり方

株式銘柄のフィルターにはネット証券会社が提供しているツールを使うと良いでしょう。私の場合はSBI証券を使っており、提供されているフィルターツールを使っています。

ツールにはフィルターの条件を入力しますが、私の場合は次のように入れています。

(1)PERが10倍まで

(2)PBRが1倍まで

(3)利益の伸びが5%以上

(4)売上の伸びが5%以上

(5)自己資本比率が50%以上

factorフィルター

PERは株価の割安感の指標です。一般に10倍以下だと割安、20倍で普通、と言われているようです。割安で買って、普通になったら売る、というイメージです。

PBRは株式総額と資産総額の比です。もしその会社が倒産して資産をすべて売却したら、そのお金で株主に弁済できるかどうか、投資先として安全かどうかを示します。1倍つまり等価までなら安全と考えます。

売上と利益の伸びはその会社の成長性つまり将来性を示します。たまに成長がマイナスで株価が落ちてきたために、PER/PBRが小さくなっている銘柄がありますが、こういった銘柄がフィルターされます。

自己資本比率も安全性の指標です。総資本の半分以上が自己資本(つまり借金が半分以下)なら有利子負債の少ない安全な会社と考えます。

以上の条件でフィルターすると、安全で成長しているのに株価が割安な銘柄が分かります。通常幾つか銘柄が出てきますので、あとは追加の条件を付けるもよし、自分の好き嫌いで選ぶもよし、です。私の場合は各社の会社四季報をみて、業種を確認します。宅地建物取引士の自分が言うのも変ですが、少子高齢化の折、不動産業界の会社には将来性が感じられず、投資先としては選んでいません。

このように簡単に投資先が決まりますので、あとは買うだけです。買った直後は値下がりすることもありますが、経験ではしばらくするとプラスになることが多く、現在持っている銘柄も全部プラスです。ただし、2017年の相場はちょっと特殊でしたし、将来を保証するものではありませんが。

それぞれの自己責任の範囲にて、お試しあれ。

以上、2017年の株式投資の成果をまとめてみたという話題でした。

 

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

詳しいプロフィールを見る

 

定年後設計フォーラム2018に参加してきた

平成30年3月4日(日)ファイナンシャル・アカデミー社主催の定年設計フォーラム2018に参加してきました。

このセミナーは主に50代の人を対象とした定年後にどう生きるかを考えましょうというセミナーでした。基調講演はテレビ朝日でニュースキャスターも勤められていた蟹瀬 誠一さんでした。そしてその次に下流老人という本を書いた藤田 孝典さんの公演が続きました。

 

普段はあまりこの手のセミナーには参加しないのですが、自分も50代に入ったということで今回将来設計を考えるためにこのセミナーに参加しました。

 

60歳以降を考えるポイント

二人の話に共通してあったポイントは今後考えるべき三つの大事なことがあって、50代のうちにこれらを考え始めることが60歳以降の人生に大きく影響するということです。

その一つ目は収入、二つ目は貯蓄、そして三つ目が人脈です。

このうち、収入と貯蓄については以前から考えていましたし、当然のことと思うのですが、三つめの人脈をそれほど重視されるとは思っておらず、とても意外でした。

やはり歳をとってから色々なことを相談できる人、困った時に頼れる人、そういうものが非常に大事だと言うことを、蟹瀬さんも藤田さんも言っておられました。

特に男性の場合は、定年後の人脈をどう作るのかというのは難しい課題です。早めに色々と準備をしておく必要があるなと思いました。会社にいるうちは会社の人脈仕事の人脈というものがありますが、それが消えて行った時に残る人脈というものがとても大事だということです。

女性の場合であれば、ダンス教室であったりコーラスグループとかそういう場所で人脈を作るのが得意ですが、男性の場合はなかなか難しいです。自分も今のうちからどうやってそのような人脈を作るのか考えていく必要があるなと思いました。決して人数はたくさん必要ないと思いますが年をとってから付き合える人脈というのはやはり大切です。

 

4つの資産

蟹瀬さんの話で印象深かったのは4つの資産規模の準備してくださいという話です。

まず第一に「かくれ資産」があります。これは何かと言うと隠れて目に見えない資産、ということで隠し資産とか簿外資産とかそういう意味ではありません。隠れて目に見えない資産とは言えば、保険や年金資産です。通常なかなかいくらあるのか目に見えませんから意識しないのですが、保険や年金資産がどのくらいあるのかこれが把握しておくことが重要です。とくに年金は年金宅配便に書いている数字は盛られていると心得るべきです。少子高齢化の構造上、どう考えても満額出るとは思えないからです。

二番目は当然に金融資産ということになります。現金は生活していくうえで、非常に重要というです。貯蓄だけでなく投資もここに入ります。

そして三番目が不動産です。持ち家を持つのかそれとも賃貸で行くのか、というのはよく問題になるなる訳ですが蟹瀬さんが言っておられたのは特にウィークエンドハウスの重要性です。週日は都会で働いたとしても 週末 だけ家族とリラックスできる場所、そういうものを持つことが50代60代以降では大事だと言うことを言っておられました。都心から1時間くらいで自然のある場所ということで、蟹瀬さんは軽井沢を選ばれたようですが、よく考えたら自分の自宅(所沢)はすでに都心から1時間くらいで自然のある場所ですので、それはどうなんだろう、という感じです。

最後に四番目が「じぶん資産」であるということです。じぶん資産とは自分の中に蓄積する思い出や色々な思いの蓄積です。例えば良い映画を見たとか、旅行に行ったとか、いい音楽を聴いたとか、そういう素晴らしい思いが自分の中に蓄積していくそれがじぶん資産だということです。

50歳を過ぎたのであれば、むしろこういう自分が素晴らしいと感じるものにお金を使い、じぶん資産の形成に投資すべきだと言うことを言っておられました。確かに40代まではお金を貯めるということが大事ですが50歳を過ぎたのであれば、豊かな人生を過ごすためにお金を使うということもとても大事になると思います。

 

寿命の中央値とライフプラン

下流老人の著者である藤田さんは、データを駆使して今後の社会の在り方の説明をされていました。特に印象的だったのは平均寿命と中央寿命の話です。平均寿命は今80歳と少しですが、中央値としての寿命を見ると、現時点でも既に90歳を超えているということだそうです。

リンダグラットンが「ライフシフト」で人生100年時代ということを言いましたが、まさにその通りで人生設計を考える上では100年というスパンで考えていく必要があります。


このように考えてきますと、ライフプランを作ることは非常に大事だなと思います。

ライフプランはファイナンシャルプランナーが仕事として作成するものですが、決して難しい話ではなくてExcel などを使って資産のシュミレーションをするということを目的にしています。

様々なライフイベント自分を想定して、現在の資産がその収入と支出によってどのように変化していくのか?あらかじめ見ておこうということが目的です。それによって自分の収入や支出のプランを見直すことができます。おそらく多くの人は100歳になる前には自己破産になることが予想されるでしょう。従って将来設計をよく見直して50代・60代のうちから調整対策していくことが大事なのです。ライフプランについてはこちらの記事もご参照ください。

ライフプランを作って安心を手に入れよう

以上、定年後設計フォーラム2018に参加してきたという話題でした。

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

詳しいプロフィールを見る

 

ライフプランを作って安心を手に入れよう

ファイナンシャルプランナーの仕事のひとつに、「ライフプラン」の作成というものがあります。今回は、このライフプランの作成方法について、その概要を説明します。

ライフプランとは文字通り、人生の設計書です。特に経済的な意味での。それぞれの家族が現在いくらの資産を持っていて、将来収入と支出がどのように推移していくのか、見通しを立てます。もし収支がマイナスになるようであれば、計画を見直して今の行動に反映させます。さらに、失業や病気などリスクを加味して現在の保険に過不足が無いか検討します。

以下に(0)から(12)のステップでご案内します。

 

 

現状把握

(0)現在の家族構成と金融資産(貯蓄・投資)を理解する

家族の名前、年齢、職業など属性情報とそれぞれの名義の金融資産をリストアップします。金融資産は貯蓄(定期預金のように元本保証かそれに近いもの)と投資(株式など値動きがあるもの)に分けてリストアップしす。

 

(1)現在の収入を理解する

家族の各人の現在の年収について、手取りではなく天引き前の支給額を年額で把握します。

 

(2)現在の支出を理解する

家族の現在の支出について、金額の大きな支出を10項目程度を年額で把握します。細かいものはその他にまとめます。

例えば、税金、社会保険(年金・雇用保険など)、一般生活費、交通費、保険料、車両費、ローン返済(又は家賃)、娯楽費、水道光熱費、通信費、その他、という具合に。

 

(3)現在の保険を理解する

現在契約中の保険について、契約者ごとに年額保険料、保険期間、死亡保険金、医療保険金、損害保険金、事故保険金、解約返戻金、受取人などをリストアップします。

 

将来予測

(4)将来の収入見込みを推定する

(1)の現在の収入をベースに平均寿命+10年分くらいを見積もります。

メインの収入ほかに、退職金、年金、定年後再雇用の収入、副業収入などを追加して予想します。投資の運用実績も推定して反映させます。ただし投資は値動きによって変わりますので、控えめに予想します。

 

(5)将来の支出見込みを推定する

(2)の現在の支出をベースに各項目がどのように推移するか平均寿命+10年分くらいを見積もります。家や車の買い替え、子の結婚、など比較的大きな一時的支出も予想できるものは織り込んで見積もります。

 

(6)タイムラインでプロットして時系列で収支を見る(事件なしのシナリオ)

家族全員大過なく過ごすことができたとして、(4)と(5)から(0)で集計した家族の金融資産が将来に渡って増えるのか・減るのか、平均寿命よりも前に資金不足にならないかどうか、シミュレーションします。

この時点ですでに平均寿命に対してプラスで推移する(資金不足にならない)なら、基本的これで終了です。あとは見込み通り収入・支出があるかモニターしていくということになります。

平均寿命よりも早くマイナスに転じる(資金不足になる)なら、次の(7)(8)を実施する。

 

(7)支出の金額を減らせないか、時期を遅らせられないか検討する

(2)や(5)の分析結果から、削減したり支出を延期したりできるものがないか探します。一般生活費を縮減のように日々の生活に影響が大きいものは後回しにして、車の買い替え時期を車検1回分遅らせるとか、家族旅行の回数を少し減らすとか、日々の生活への影響が少ないものや、各自の人生の目的・ポリシーといったものに照らして、優先度が低いと思われることから、縮減を考えます。

 

(8)収入の金額を増やせないか、時期を早められないか検討する

それなりの高齢になって収入の金額を増やすというのは現実的には難しいですが、若いうちから備えて副業の準備をするとか、準備のやりようはあります。またNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)を活用して節税しつつ投資するとか、それぞれの立場でできる対応もあります。また年金の受給開始を早めて、キャッシュフローを維持するという方法も考えられます。

 

(9)検討後に再びタイムラインでプロットして時系列で収支を見る

(7)(8)の検討の結果、平均寿命に対してプラスで推移することを確認します。あとは(7)(8)の検討事項を行動に反映させるように取り組みましょう。

 

もしもの場合の備え

本来はあまり考えたくないですが、病気やリストラなど、人生の後半に向かってこういった事件発生の可能性はありますので、そういったもしもの場合のシナリオについても念の為確認しておくことをおすすめします。これにより、現在の保険に過不足が無いか検討することが目的です。

(10)事件ありのシナリオを仮定する

例えば「夫が50歳でリストラされる」「妻が60歳でガンにかかる」など、あまり楽しい作業ではありませんが、あくまで一般論としていくつか想定します。

 

(11)保険の見直しが必要か検討する

事件ありのシナリオの結果(9)で作成した時系列の収支がどう変化するかシミュレーションします。この際、支出としては治療費などが追加になりますし、収入としては保険金や健康保険から支払われる傷病手当金、高額医療費の払い戻し、失業保険などを加味することになります。結果として、時系列の収支がマイナスになるようであれば、将来の補償が足りないということになりますし、逆に場合によっては保険の掛けすぎが明らかになる場合もあります。

 

 

まとめ

(12)長期および短期の実施項目

以上のことを行いますと、ご自身と家族のライフプランが全体像として見えて来ます。「老後の資金は大丈夫なのか?」といった漠然とした不安を抱えているよりは、一度こういった情報をテーブルの上に広げて家族全員で見渡してみることで、具体的なアクションに繋がりますし、何をするにしても家族全員の納得性が得られます。

そうした全員の諒解のもとで、長期および短期の実施項目を整理します。数年後にどうなっている必要があるのか、そのために短期的にどういうことに取り組むのか、今日これからどうするのか、というように繋げて考えることが大切です。

ライフプランの作成は単なる数字のシミュレーションではなく、家族の生活の質を向上させるための絶好の機会となります。是非考えて見てください。中には年金や保険に関する少々難しい知識が必要な場合もありますので、第三者の助けを得ることも有効です。必要であればお手伝いしますので、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

以上、ライフプランを作って安心を手に入れようという話題でした。

 

「寝ながら稼ぐ121の方法」から学んだ12のこと

ジェームス・スキナー氏の著書「寝ながら稼ぐ121の方法」を読みました。

 

どこか「金持ち父さん貧乏父さん」ともかぶるところがありますが、あーなるほど、と思う箇所も多々あり、大変参考になった次第です。

自分にとって勉強になったと思うことを12個ピックアップしてみました。備忘のためにもこちらにまとめます。

  1. モノやサービスを1回売って終わりにしないようにしたほうが良い。会費、購読料、手数料、など繰り返し収入が発生するように仕組みを考えたほうが良い。将来の見えない変動売上よりも確実な固定売上。確かに定期固定収入のほうが経営が安定しますね。
  2. 一回作って、あとは最低限の手間で済むものが良い。書籍、楽曲、発明、など。アプリ開発もありますが、メンテナンスの手間が大きいでしょうか。
  3. 何かの方法やり方を考えたら、自分でやらずに人に売るまたは貸すことによって、寝ながら稼げる。
  4. 複利効果を使ってお金でお金を増やす。これはよく言われる話ですが、まず最初に元手が必要ですけどね。
  5. 株式・公社債等のリスク投資は、リスクゆえに税制面でも優遇されている。これを活用しない手はない。最近で言うと、NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)ですかね。ただし証券会社は手数料で寝ながら稼いでいる。彼らの手数料に注意。
  6. お金持ちになりたいなら、分散投資よりも集中投資。ただし、お金には色をつけて管理すること。病気・失業などの緊急対策用、長期投資用、成長投資用、人生を楽しむ用、など。
  7. 株の売買は、「空売り」を活用したほうが良い。これは駄目だと思う会社を見つけたら空売り。また、5~10%のストップ・ロス・オーダーを必ず入れて保険をかける。ずっと市場の様子をモニターしている訳にも行きませんしね。
  8. 家は借りるより買ったほうがよい。家賃は自分に払うほうが良い。
  9. 投資用不動産は場所が全て。必ず市役所に出向いて都市計画課に相談、場所の過去や未来について理解を深める。
  10. 人目がつくところは、どこでも広告収入を得られる可能性がある。ネットでもリアルでもそれは同じ。
  11. フリーミアム戦略とは最も良いものを無料にして、その他の商品やサービスで稼ぐ考え方
  12. 世界最大の産業は観光業。今後の日本で観光業に関与して寝ながら稼ぐ方法はありそうですね。

何事も勉強ですが、情報収集して具体的に動く者が勝つ!ということだと思いました。