普通の大人が読書量を増やす4つの方法

普通の大人の読書量は極端に少ない

この1年ぐらいいろいろあって、読書量がすごく増えました。だいたい毎月15から20冊くらいの本を読んでいます。ネットで調べますと、大人の平均読書量は月に2.58冊(マイナビ調べ)という統計があり、全く本を読まないという人も36%いると出ています。理由は「忙しいから」とか「ネットで十分」というもの。まあ確かにそうかもしれません。

読書の効果

ですが、本を読むことが習慣になってくると、知識の幅が広がって多面的な考え方が出来るようになり、結果として自分の行動が変わってくるという実感があります。本を読むことはインプットなのですが、なんとなく同時にアウトプットの質も量も改善されるような感じがします。なので、本はやっぱり読んだほうが良いように思います。

プロのやり方

とはいえ、忙しい一日のどの時間に本を読んだら良いのか?どうやって読んだら良いのか?ということが問題になります。専門家の中には読書を仕事にしている人もいて、例えば作家の佐藤優さんがその著書「読書の技法」や「僕らが毎日やっている最強の読み方」(池上彰さんとの共著)で説明しているような、すごいやり方もある訳ですが、普通の大人である私がどのようにやっているのか、紹介したいと思います。

私のやり方 (1)Kindle本を読む

自分の場合、AmazonのKindle本を読み始めてから読書量がぐっと増えました。その理由は簡単でスマホで読めるから、です。特に新書など文字中心の本はほぼiPhoneのKindleアプリで読んでいます。会社の行き帰りの電車の中とか、ちょっとした空き時間にちょこちょこ読むと意外と読み進めることができます。なにより本を持ち歩く必要が無いのが良いです。

また、Kindle本は毎日日替わりセールがありますし、不定期ですが特定の出版社の本が50%引きとかセールがあって、とても安く本を買うことが出来ます。コーヒー一杯程度の値段で1冊買えればとてもお得な気がします。

私のやり方 (2)どこでも本を読む

上記(1)とも繋がっていますが、KindleですとiPadやKindle Fireなど様々なデバイスで読めますので、寝る前はベッドでiPadで読むとか、お風呂にKindle Fireを持ち込んで読むとか、時と場所によって読み方を変えることで読書量が増えます。

私の場合、図や絵が多くiPhoneでは読みずらいレイアウトの本はiPadで読んでいます。またリラックス系の本はお風呂でKindle Fireで読んでいます。お風呂でKindle Fireを読むことを「Kindle浴」といって、ググるとやり方(水没に対する対処法)がたくさん出てきますので、参考にしてください。Kindleですと安いので、お風呂に持って入る心理的ハードルも低いです。

私のやり方 (3)図書館を利用する

自宅から徒歩圏に2つ公立図書館があるため、よく利用させてもらっています。いまどきの図書館は読みたい本をインターネットで検索して予約することができ、準備ができるとメールでお知らせしてくれますので、大変便利です。

図書館で借りて読むメリットは2つあって、ひとつはもちろん無料ということです。月に20冊も読むと本代がばかになりませんので、無料は本当にありがたいです。もうひとつは返却期限(2週間)が切られているということ。期限が決まっているとおしりに火がついて、焦って読みますので、読書量が伸びます。ただし、借り物なのでお風呂で読んだりとかは出来ないのが残念な点です。

私のやり方 (4)速読する

やはり量をこなすには速く読むことが必要です。速読というと眼を早く動かしたり、特殊な技能のような感じがしますが、そうではないやり方もあります。これは「王様の速読術」という本から学びました。すこし慣れれば誰でも速く読めるようになると思います。

まとめ

以上のように、Kindleや図書館を活用していつでもどこでも速く読むという習慣がつけば、毎日忙しい方でもわりと楽に月15冊くらいはこなせるようになると思います。読書は投資の対象としても費用対効果が大変高いです。お試しあれ!

 

法人税申告書と作成順序

2017年9月5日にJDLさんで「法人税申告書」の講習会に参加しました。

法人税の場合、たくさんの別表があり、どれを使うのかはその法人の状況によって異なるわけですが、JDLの講習では一般的な法人を対象として、特殊なケースを考えずに申告書を作成する場合、どの別表をどういう順序で作成したらスムーズかという観点で教えてくれました。

税理士試験の法人税受験時代の理解とはちょっと違っていて、あくまで実務ベースでミス無く効率的に申告書を作成するためのステップとしてとても参考になりました。こうすると数字がスムーズに流れていきます。

備忘のため、その順序をメモしておきます。

 

まず国税から

1) 別表五(二) 租税公課の納付状況等

2) 別表五(一) 利益積立金額

3) 別表二 同族会社等の判定

4) 別表十六(二) 減価償却資産の償却額

5) 別表十五 交際費等

6) 別表十一(一の二) 一括評価金銭債権に係る貸倒引当金

7) 別表八 受取配当等

8) 別表六(一) 所得税額の控除

9) 別表四 所得の金額

10) 別表一(一) 各事業年度の所得に係る申告書

 

次に地方税へ

11) 第六号様式別表十四 基準法人所得割額

12) 第六号様式 都道府県民税・事業税の申告書

13) 第二十号様式 市町村民税の申告書

 

もう一度国税へ戻る

14) 別表四 損金経理をした納税充当金

15) 別表五(一)利益準備金、積立金、繰越損益金

実際には行きつ戻りつするわけですが、あるべき流れとして押さえておきたいと思います。

日本人の生産性と過剰サービス

生産性が低い日本人

日本人の労働生産性が低いという話を最近よく耳にします。公益財団法人 日本生産性本部が2016年12月に発表した資料によると、日本は就業者1人たりの労働生産性においてOECD加盟国35カ国中22位となっていて、21位のギリシャの後塵を拝している状況です。

ちなみに1位はアイルランド、アメリカは3位、お隣の韓国は26位です。フランス、ドイツ、イタリアなどははるか上の順位にいます。

この結果になんとなく、納得いかない感じがする訳です。ギリシャには一度行ったことがあるのですが、お昼には2時間くらい店が閉まっていました。のんびりと昼食をとったりお昼寝したりするのでしょうか。そこよりも生産性が低いってどういうことでしょうか。少なくとも周りをみると、皆あくせく仕事しているのに、です。

なぜ生産性が低いのか?

ひとつ思い当たるのは、日本人の仕事が丁寧すぎるという点です。おもてなしとか、思いやりとか言いますが、時として単なる過剰サービスという場合があります。コンサルティングをしていると、顧客満足を過度に意識しすぎて、かえって効率を落としている事例を多々目にします。

一度でもミスがあって、お客様からクレームを受けると二度と繰り返さないように、厳重なダブルチェックを行うため、効率が下がります。日本のお客様の場合、なぜミスをしたのか再発防止策は何なのか、書面で報告せよ!ということがありますが、こういう過度な品質意識が全体としての生産性低下を招いているように思います。そういうお客様も自分のお客様から同じような要求を受けているはずなので、まさに負の連鎖です。

一方諸外国のお客様の場合、ミスがあっても修正されればそれでOKということが多いです。それ以上は追求してきません。品違いがあっても正しい製品を送りなおせばそれで終わりです。日本であれば、なぜ間違えたのか、二度と起きないか、しつこく聞いてきますが、そういうことは普通起きません。

自分だったらどうするか?

こういう日本=高品質という思い込みが、全体の生産性を下げ、市場での競争力を奪っているのかなと考える次第です。何事もやり過ぎはいけませんよね。少しぐらいおかしなことがあっても結果オーライでどんどん先に進んでいったほうが全体として成果が出ます。自分がお客様にコンサルティングするときは、そういう過剰サービスの見直しをお願いすることにしています。まあリスクは伴いますので、腹をくくった決断が必要な場合が多いですけどね。

 

フリーランスと独占禁止法

本日(2017年9月3日)付けで毎日新聞が次のように報じました。

フリーランス:独禁法で保護、公取委検討 労働環境改善へ

フリーランスと独占禁止法にはどういう関係があるのだろうか?と疑問に思い、調べてみました。

独占禁止法とは

独占禁止法とはそもそも「公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすること」を目的としており、フリーランスである個人事業者においても自主的な判断で自由に活動できるように保護の対象と考えられるということです。

会社員のように事業者と雇用契約があれば、労働基準法で保護されていますし、事業者として請負契約があれば、独占禁止法の保護がある訳ですが、このどちらにも属さないフリーランスはグレーゾーンとなっていて、企業側が不利な条件を押し付けたり出来てしまうことが問題ということです。

どうしたら良いのか?

会社をいったん辞めて、その会社からフリーランスとして仕事をもらうような形態がありますが、法律的にはかなり不安定な身分ということになります。プログラマーやデザイナーのような専門的な技術がある人材の場合、競合他社に引き抜かれないように不当な条件で契約してしまうということも実際にあるようです。

フリーランスの仕事をするなら、出来る限りしっかりとした請負契約を結ぶようにしましょう。

個人的には、会社員であっても自主的な判断で自由に活動できるべきで、利益相反が無い限り副業・複業は認められるのが望ましいと考えます。いまだ多くの日本企業が就業規則で副業を禁止しているのは、経済が低迷するなかで労働力の流動性を落とすことになりますから、非常に残念な話です。

企業に勤めながらでも副業・複業でどんどん活躍できる人材が豊富にいるのに、もったいないですね。私の場合、幸いなことに勤めている会社(外資系)が副業・複業を承認してくれるのでありがたい限りです。これから社会に出る就活生はそういう観点からも志望企業を見たら良いと思います。転職を考えているなら、副業・複業を承認してくれる所を探すのもありですね。

 

郵便局の対応と不均一サービスの解決方法

 

「不在届」で問題発生!

こんどしばらく出かける用事があり、最寄の郵便局(集配を行う大きな局)に「不在届」を出しに行ったのですが、そこで起きた出来事について考えます。

不在届というのは、これを出しておくと一定の期間郵便物の配達をストップしてくれるものです。郵便物があふれたり、いかにも留守ですと空き巣にサインを送るのを防ぐためです。この間の郵便物は郵便局が保管して、期間が終わるとまとめて配達してくれる便利なサービスです。

うちの場合、歩いていける距離に郵便局があり、そこでいつも不在届を出しているのですが、今回にはじめて受け付けてくれない、という事態に遭遇しました。

郵便局の人 「お客様の住所ですと、こちらの管轄ではないので、管轄の郵便局に提出してください」

私 「え?いままでこのやり方で大丈夫だったのですが・・・管轄の郵便局とはどこですか?」

郵便局の人 「管轄の郵便局に提出頂くのが正しいやり方です。お客様の場合ですと、xxx郵便局やxxx郵便局に行ってください」

まじか?教えたもらった郵便局は車で20分くらいかかる遠方の場所や、平日5時までしか開いていない小さな郵便局です。郵便局同士で転送してくれとゴネようかと思いましたが、後ろに8人ぐらい行列が出来ていて、遠慮しておきました。。。

家に戻って、うちの住所を管轄している郵便局が他に無いのかと調べてみたのですが、郵便局の管轄が分かる資料はWebサイト上には無いようです。管轄図とかが掲載されているのかな?と思ったのですが、見当たりません。

という訳で、教えてもらった郵便局に黙って行くか、電話して聞くかしかない状況になってしまいました。

 

不均一サービスの解決方法

ここでの問題は2つあるように思います。ひとつは管轄の郵便局に出せと言いながらそれを調べることができない環境面の不備、もうひとつは不均一サービスの問題です。つまり、対応する人によって内容が違ってしまう、ある人は管轄ではないけど受領して転送してくれるのに、ある人はルールどおり受領しない、といういわゆる当たり外れの問題です。

もちろんルールを徹底するように最近お達しがあったのかもしれませんが、利用者の私から見れば単なる不均一なサービスとしか写りません。

こういう不均一なサービス(inconsistency)はサービス業務においてはかなり致命的です。お客様満足を損ない、客離れを招きます。従ってサービスのプロセス設計や維持管理において、不均一を起こさないための取り組みが必要となります。

そのための方法論としてよく使うのは、次のようなものです。

(1)サービスの開始時や変更時には、サービス提供スタッフだけでなくお客様に対してもその内容を十分に周知する必要がある。特に今回のようにサービス内容が変わったのであれば、それを様々な手を使ってお客様に伝えることが大切です。日本郵便の場合、特にそのような努力は見受けられません。

(2)覆面調査をする。色々なサービスメニューに対して提供スタッフがある程度均一な対応が出来ているかどうか、お客様に成りすまして確認します。内容にもよりますが、バイトを雇ったりして実施します。びっくりするほど不均一な場合があり、程度に応じて是正措置を講じるようにします。

日本郵便さんも不動産会社の買収とか手を広げていくのも良いのですが、足元の基本的なサービスがおろそかにならないようにお願いしたいものです。

ブログの開設にあたって

「サンクプランズ・コンサルティング」は個人の事業として2017年7月からはじめました。その目的は経済的なこともありますが、それよりは自分の持っているスキルや経験が少しでも世の中の役に立てたらうれしいな、生きている証として爪あとを残せたらうれしいな、という気持ちからです。

会社勤めをしていますと、その会社に特有な考え方・仕事の仕方が染み付いてしまい、普遍性のあるスキルを獲得するという考えがどうしてもおろそかになります。その会社に終身雇用ならそれで良いのですが、現在は雇用の流動性が高まり、個人の労働市場での価値が問われる時代です。

このため私自身もこれまで、普遍性のあるスキル獲得、どこにいっても通用する力をつけることを考えてきました。ですが、実際には会社を辞めようという強い動機がある訳でもなく、会社の仕事もそれなりにチャレンジで毎日楽しいという面があり、なかなか自分自身の市場価値を試す場がありませんでした。

従って、この「サンクプランズ・コンサルティング」はこれまで獲得してきた色々なスキルを、外の世界で試す場として位置づけているのです。自分にはキャリアのなかで、英語、ITシステム、業務改善、プロジェクト管理、マーケティング、統計的アプローチ、会計処理、など様々なことを経験させてもらい、普遍的なスキルとしてある程度蓄積してきているものがあります。また、その傍ら税理士、宅建士、ファイナンシャルプランナーなどの資格の勉強を通じて、各分野の知識を蓄積してきたものもあります。

これらの言わば異色な「タグ」の組み合わせが、市場でユニークな存在となり、お客様の問題解決のお役に立てれば幸いです。

ただ、焦って仕事をとろう・増やそうという考えは無いので、自分がやりたいと思う仕事を私と仕事したいと思っていただけるお客様とじっくり取り組めたら、と思っています。

そのため、本ブログは私という人間を知って頂く為に活用したいと思っています。内容は特定のテーマに絞らず、雑記ブログ的な運用となると思います。ですが、読んでいただいた方のお役に少しでも立てるような内容を目指したいと思います。