【消費税】役務の提供(サービス)の内外判定とリバースチャージ方式等の考え方をまとめてみた

お金

インターネットを通じて電子書籍や音楽などの配信サービスを購入することは、この数年で一気に普及して今では普通のことです。この場合の消費税の課税関係が長らくうやむやのままだったのですが、平成27年10月1日付けの法改正でようやくはっきりしました。それだけ経済活動が本格的に増えてきたという証拠でもあります。こちらの記事では法改正で結局何がどうなったのか、まとめてみたいと思います。

国外からの電子書籍や音楽などのダウンロード販売と消費税

 

新しい内外判定の考え方

内外判定というのはその取引が国内で行われたものか、国外で行われたものか、を判断することをいいます。インターネットを通じて国外の事業者から電子書籍や音楽などの配信サービスを購入する場合、どう考えるのでしょうか?

改正前はこれらのサービスを提供した事業者が外国の法人か、日本の法人かで切り分けていました。外国に住所があれば、外国の法人なので、日本の消費税はかからなかったのです。

ところが、そういう配信サービスが増えてきたことで、「消費税をとりっぱぐれている」とか「外国企業と日本企業の競争が不公平」という感が強くなり、内外判定そのものから変えることになったのです。

どう変わったのかというと、サービスを受ける者の住所地等で判断しましょう、となりました。つまり日本の利用者が配信サービスを購入しても消費税がかかるようになったのです。すこし無理があるような気もしますが、国も必死です。

内外判定
(出典:国税庁ホームページ)



だれが消費税を払うのか

消費税がかかるのは分かったとして、次の問題は、「誰が納税するの?」ということになります。ここに対しても国は意外な(失礼!良く考えられた)方法を考えてきました。

まずそのサービスが「事業者向け」サービスなのか「消費者向け」サービスなのかで区別して、「誰が納税するの?」を決めています

「事業者向け」の場合は、その事業者が申告・納税しなさい、ということになりました。「ん?買った側が納税するの?おかしいのでは?」と思いますね。これを「リバースチャージ方式」といって、後述する理由があってこうなりました。

一方、「消費者向け」の場合は、そのサービスを売った外国法人が日本で申告・納税しなさい、ということになりました。ここでも「ん?外国法人なんてピンからキリまであるのに無理では?」と思いますね。確かに有名な大手企業から名も知れないような小さなところまであるでしょう。それらが全て日本で納税するなんて無理な話です。このためこちらも後述する「登録国外事業者制度」なる新しい制度を創設することとなりました。


 

リバースチャージ方式とは

「事業者向け」に外国法人からサービスの提供を受けた事業者については、「リバースチャージ方式」により、その消費税の申告と納付を行う義務があります。

なぜか?それは、同等のサービスを外国法人から買っても、日本の法人から買っても、同じに扱い、不公平が生じないようにするためです。

例えば、10,000円相当のサービスを日本の法人から買えば税込み10,800円払いますね。ところが、改正前は外国法人から買えば消費税がかからないので10,000円で済みます。これを是正するために買ったほうが消費税を負担することにすると、会計仕訳の上では

費用 10,800     / 現金 10,000
                             借受消費税 800

となって「借受消費税」が発生します。この仕訳をきることで「特定課税仕入れ」として申告することになります。これが最終的に納付税額になっていきます。

ですが、これではなんとなく損した気がしますね。そこで、この際に外国から買ったサービスは同時に課税仕入れとして扱われることになりました。つまり仕入税額控除が可能となり、仕訳は次のように変化します。

費用 10,000     / 現金 10,000
仮払消費税 800  / 借受消費税 800

仮払消費税が借受消費税を相殺しますので、結局納付税額にはなりません。つまり、事業者は損しません。

リバースチャージ方式によって、公正な競争を実現し、だれも損しない、ということになります。なんとなく煙に巻かれた感がありますが、これで良いということになっています。

ただし、リバースチャージ方式は分かりにくく混乱を招きやすいですので、この記事執筆時点(2018年8月)ではリバースチャージ方式により申告をする必要があるのは、一般課税により申告を行う事業者で、その課税期間の課税売上割合が95%未満の事業者に限られています。それ以外の事業者についてはまだ申告の必要は無く、かつ仕入税額控除の適用もありません。


登録国外事業者制度とは

上述のように「事業者向け」であれば、リバースチャージ方式により課税関係が(割と)すっきりするのですが、問題は「消費者向け」です。外国法人に申告・納税をしてもらうという話ですので、大変ですね。

このため、登録国外事業者制度というものを設けて、ここに登録した事業者に納税してもらう仕組みになっています。現時点では登録されえいる法人は下記のとおり。アマゾンやグーグルなど有名どころが並んでいます。まだこれから対象となる事業者が増えていくことでしょう。

登録国外事業者名簿
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/cross/touroku.pdf

あと、もう1点疑問としては、「消費者向け」のサービスを消費者ではなく事業者が買った場合はどうなるのか?ということがあります。例えば、アマゾンのKindle本を会社の資料とした買った場合、です。Kindleは「消費者向け」のサービスですので、「事業者向け」ではなく、リバースチャージ方式の適用はありません。

この場合、アマゾンは登録国外事業者として消費税を納めていますので、Kindle本を会社の資料とした買った事業者は課税仕入れとして扱うことができ、その仕入税額控除を行うことができます

逆に言うと、事業者が登録国外事業者として消費税を納めていない事業者から「消費者向け」のサービスを買った場合には、仕入税額控除を行うことができないということになります。相手によって仕入税額控除できたり、できなかったりするので、注意が必要です。

 

以上、消費税の役務の提供(サービス)の内外判定とリバースチャージ方式その他の新しい考え方をまとめてみた、という話題でした。どんどん改正が進むので、消費税の勉強には以下のような出版の新しいものを使いましょう。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

【消費税】ついに増税へ。10%に上がる!必要な準備とは

消費税がついに増税へ。10%に上がる!必要な準備とは

お金

世紀の愚策と呼び声も高い「消費税率10%」と「軽減税率8%」の導入が迫ってきています。愚策かどうかはともかく、実務の世界で生きる我々としては必要な準備をしなければなりません。「まだ先の話じゃない」、とか「システムが勝手に対応するでしょ」、と思ってるかもしれませんが、そうばかりも言っておられず、そろそろ準備を考えないとマズイことになりそうです。


 

実施時期はいつか?

平成31年(2019年)10月1日です。このタイミングで「消費税率10%」と「軽減税率8%」が一緒に導入される予定になっています。記事執筆時(2018年8月)からあと1年とすこし。あっという間でしょう。



新しい税率はどうなるのか?

税率は10%でしょ?と思ってしまうのですが、実はこの標準税率には内訳があって、国税としての消費税率7.8%と地方税としての地方消費税率2.2%の合計が10%となります。普段生活している分には10%で考えれば良いのですが、申告時にはこれを知っておいたほうが良いでしょう。

軽減税率8%についても内訳があって、こちらのほうは消費税率6.24%と地方税としての地方消費税率1.76%の合計で8%となります。この配分割合は、現在の消費税率8%の内訳(消費税率6.3%と地方税としての地方消費税率1.7%)とも微妙に違います。

この微妙な違いが国と地方のバトルの結果という訳です。実務担当者やシステムのプログラマにとってはうっとうしい限りです。

 

軽減税率がやってくる

軽減税率が導入される背景は、増税にあたって「飲食料品」のような生きていくために必須なものにまで10%というのはどうなんだ?という議論があり、それなら8%のまま据え置きましょう、ということがあります。また、「新聞」についても何故か軽減税率の対象とされています。このあたりは業界に対する政治家の配慮によって対象になったということです。

医薬品とか他にも生きていくために必須なものもありますし、今どき「新聞」がそんなに必須なものか疑問ですが、いつの時代も税金は為政者の思惑で決まるものなので、仕方が無いですね。

ともかく「飲食料品」と「新聞」に軽減税率8%が適用になり、それ以外は全部10%です。「飲食料品」は全ての飲食物を指しますが、酒類・外食・ケータリングは対象外(10%)です。またテイクアウト・宅配は対象内(8%)です。このあたりが超ややこしい。レストランの施設で食事したら外食なので10%、テイクアウトしたら8%です。これは実際には判断が微妙な事例が出てくるはずです。

例えば、お祭りの屋台で買った焼きそばを屋台の横に設置したベンチに座って食べたら、外食なのかテイクアウトなのか?業者が設置したベンチなら外食で10%、お祭り主催者が設置したベンチならテイクアウトで8%でしょうか?疑問が尽きません。税務署に電話して聞けば確認できるとは思いますが、聞かれる方も気の毒です。政府も下記のような広報活動に必死です。

どんなものが「外食」にあたるの?(政府広報オンライン)
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/taisyohinmoku/donna_gaishyoku.html

また、「新聞」も定期購読契約に基づく日刊紙だけ8%です。駅やコンビニでたまに買う新聞は10%。ほとんど新聞業界の策略としか思えません。


 

今からどんな準備をしたら良いのか?

そんな混乱必至の消費増税と軽減税率ですが、私たち実務担当者は具体的に何を準備したら良いのでしょうか。軽減税率の対象となる「飲食料品」または「新聞」を販売している場合、あるいは購入している場合、に影響を受けます

多くの場合は10%と8%が混在することになりますので、まずこの2つを区分して経理した帳簿を準備する必要があります。次に、請求書等を発行する際にはこの2つを区分して記載したもの(区分記載請求書等といいます)を準備する必要があります。

つまり、帳簿の書き方を区分経理に変更し、請求書等の書式(テンプレート)を区分記載請求書等に変更する必要があります。この2つの準備を平成31年(2019年)10月1日までに終える必要があるのです。

区分記載請求書等

区分記載請求書等の例(出典:国税庁ホームページ)

もしすでにレジや受発注システムを使っているのであれば、これらのシステムは開発元が対応するはずですので、念のため確認しておくと良いでしょう。場合によってはレジの入れ替えなど投資が必要になります。

また、どの場合が10%でどの場合が8%なのかは各自の事業により異なりますので、事前に判断して商品マスターなどの登録設定変更の準備を行う必要があります。この部分については、事業者側の判断であり、全てレジやシステムの販売元まかせという訳にはいきませんので、事前に相談して余裕を持って準備しておくことをお勧めします。




請求書の書式は2段階で変わる

上述の区分記載請求書等というのは実は平成35年(2023年)9月30日までの「経過措置」で、平成35年(2023年)10月1日からはさらに別の適格請求書等(インボイス方式といいます)というものに変わります。

インボイス方式では請求書等に国(税務署)が発行する事業者の「登録番号」を表示することが義務付けられます。国が消費税の課税関係をがっちり把握して徴税漏れが無いようにすることが目的です。怖いですね。ただ諸外国では普及しているやり方なので、まあ国際標準化の一環です。

適格請求書等

適格請求書等の例(出典:国税庁ホームページ)

本当は最初からインボイス方式にしたかったのですが、ハードルが高すぎて事業者側で準備できないということで、最初の4年間は「経過措置」として区分記載請求書等でも良いですよ、という訳です。

区分記載請求書等だけでも面倒なのに鬼かよ、と思うと思いますが、粛々と準備しましょう。ただし、区分記載請求書等の書式と適格請求書等の書式はそんなに違いませんので、最初から適格請求書等の書式にしてしまう、という手もあります(ただし登録番号の発行はまだ先なのでしばらく空欄になりますが別に構いません)。


軽減税率なんて関係ない?

もしあなたの事業が「飲食料品」や「新聞」を販売していなかったとしても、全く軽減税率と関係ないか、というとそうでもありません。なぜなら、事業として購入する場合があるから、です。課税事業者が事業として購入すれば、課税仕入に該当して仕入税額控除の適用を受けられます。消費税の計算は販売時に消費者から預かった税額から事業者が払った税額を差し引いて差額で計算します。この差し引く部分を仕入税額控除といいます。

したがって、この仕入税額控除できる税額を正しく計算する必要があり、「飲食料品」や「新聞」を購入した場合は、それが10%だったのか8%だったのか区分して帳簿を付ける必要があるのです。

具体的には下図のように「税区分」欄を設けるか、「摘要」欄に※(コメ)印を書いて欄外に「※は軽減税率対象品目」と付記する方法になります。相手方からもらった請求書を見ながらこのように記帳していくことになります。

帳簿

帳簿(仕入)の例(出典:国税庁ホームページ)

 

免税事業者だから関係ない?

消費税の場合、法人であれ個人事業者であれ、規模が小さい場合には免除されることになっています。その判断基準は以下の記事で書いたとおり、なかなかややこしいですが、おおよそ前々事業年度(個人なら前々年)の課税売上高が1000万円以下かどうかで判定されます。

【消費税】納税義務の判定方法をフローチャートにしてみた

もし免税事業者となった場合は、消費税の計算をしなくて良いので、以上の内容はすべて無関係です。と言いたいところなのですが、実はそうもいきません。なぜなら、課税事業者に「飲食料品」や「新聞」を販売した場合に上記で説明した「区分記載請求書等」を発行しなければならないからです。そうでないと、取引の相手方が仕入税額控除が受けられなくなってしまいます。したがって、「区分記載請求書等」を発行できないなら取引しません、ということになってしまう可能性があります。


 

軽減税率対策補助金を利用しよう

これまで見てきたように、課税事業者である法人や個人事業者はもちろんのこと、免税事業者でさえも、帳簿や請求書の書式を変えなければならない可能性があります。このため、レジの入れ替えや受発注システムの改修など、費用負担を強いられることになります。

このため、国は「軽減税率対策補助金」という制度を準備して、これらの負担を軽減するように補助金を出してくれています。レジの入れ替えなら最大20万円(1台あたり)まで、システムの改修なら最大1000万円まで補助金を受けることができます。

申請受付期限は2019年12月16日まで、ですので、早めに申請しましょう。詳細については下記ページをご覧ください。

軽減税率対策補助金
http://kzt-hojo.jp/

以上、消費税がついに増税へ。10%に上がる!必要な準備とは、という話題でした。もっと詳しく知りたい、という方はこちらの本をどうぞ。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」を見て考えたこと




建築は自分にとって全くの専門外で門外漢以外の何者でもないわけですが、なぜか昔から「アート」としての建築が好きで、建築物見物が趣味のひとつになっています。特に建築設計思想の「小難しいところ」になんとなく惹かれてしまい、今回もそういう流れでこちらの個展を見に行きました。(2018年9月30日(日)までTOTOギャラリー・間にて開催)

超線形

超線形設計プロセス

今回初めて知ったのですが、建築家藤村龍至氏は独自の設計手法「超線形設計プロセス」というのを提唱されているそうで、それがいったいどんなものなのか?という興味です。紹介記事によると、「超線形設計プロセス」とは単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、多数の模型で比較・検討を重ねていく設計手法、ということで、なんとなく分かったような分からないような、まさに「小難しい」です。

「線形」とは英語でいえばlinear(リニア)ということで、これは物事が連続的に繋がっている様かなと理解します。「線形」の反対は「非線形」で逆に連続的でないこと、これまでの流れとは全く違うことが起きること、のような響きがあります。建築方面ではきちんとした定義があるのかもしれませんが、そこまでは分かりませんので、自分なりのイメージです。


 

ビジネスコンサルティングで考えると

私の専門分野ビジネスコンサルティングの領域にこの「線形」と「非線形」を当てはめてみますと、「線形」とは徐々にプロセスを改善していくタイプのプロジェクトに該当します。昨日よりも明日が少しだけ良くなるような改善、連続的で予想がつく変化、という感じです。

これに対して「非線形」とはある日突然、急に大きな変化を起こすタイプのプロジェクトに該当します。別の言い方ではビッグバン・プロジェクトです。昨日のやり方と明日のやり方が全く違うという、大きくて非連続的な変化です。

この2つは往々にして比較され、どちらが良いのか?という話になりますが、それぞれに良い点・悪い点があり、どちらを選ぶにせよ、リスクを正しく予想・把握して、事前に手当していくというアプローチが欠かせません。これまで両方のパターンを経験していますが、コンサルタントとしてどちらを推奨するかは、「場合による」というすこしずるい言い方になってしまいます。



 

「超線形」をビジネスの世界で言うと

では「超線形」とは何なのか?という話になります。「単純な形状を出発点とし、細かな与条件をひとつひとつ反映しながら、多数の模型で比較・検討を重ねていく」とありますので、PDCAをくるくる回しながら軌道修正を重ねていくようなやり方のようです。

効果がメキメキ上がるPDCAの使い方

このような方法論もビジネスコンサルティングの現場ではよく使われるもので、確実に成果へと導く、失敗しにくい方法論です。ただし、だからといって簡単という訳ではなく、説明して頭では分かっても行動に落ちてこない、ということを何度も経験しています。要するに実践が難しいのです。


「超線形」思考のススメ

考えてみれば、私も現在の自宅を建てる時に自分でデザインした(設計は当然設計士さんが行いました)のですが、この「超線形」的な発想は無かったですね。もう少し「超線形」的な発想を取り入れれば良かったと後悔しています。思い切り「線形」または「非線形」な考え方で走ってしまいました。これから家を建てる人は「超線形」的な発想を大事にした方が良いですね。

建築物は一回作ってしまうとなかなか取り返しがつかないですが、ビジネスの現場ではそうでもないので、「線形」「非線形」「超線形」の3つをバランスよく配合調整して目的を達成したら良いのでは、と思った次第です。

以上、藤村龍至氏の個展「ちのかたち――建築的思考のプロトタイプとその応用」を見て考えたこと、という話題でした。建築の素人が勝手に考えただけですので、解釈が間違っていたらご容赦ください。下記は藤村龍至氏の最新刊です。ぜひ、どうぞ。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

中小企業や個人事業主を成功に導くアマゾンのサービス6選

ここのところ、アマゾンに関する本を2冊続けて読みまして、また一方の著者である成毛さんの出版記念セミナーにも行きまして、あらためて「アマゾンすげえ」と。あれだけ大きくなったのに、まだChangeし続けようという姿勢がすごいです。ふつう守りに入りたくなるものですけどね。

それで巨大プラットフォームとして今後も成長を続けるであろうアマゾンを、個人事業主や中小企業がうまく活用して「勝ち馬に乗る」にはどうしたら良いのか?考えてみました。



 

中小企業や個人事業主を成功に導くアマゾンのサービス6選

 

(1)FBA(フルフィルメント By Amazon)を使う  

FBAとは簡単に言うと、Amazonマーケットプレイスを使って商品の在庫管理や出荷・請求・配送・返品対応をアマゾンに委託できるサービスです。個人事業主や中小企業にとってこの意味はとてつもなく大きいです。なぜなら店舗や倉庫といった箱モノを自分で持つ必要がなくなり、かつそこで働く人を雇う必要もなくなるから、です。

フルフィルメント by Amazon

FBAを使うと、自分では売れると思うものを仕入または製造することのフォーカスして、それ以降の手間のかかる仕事をアマゾンに代行してもらえるのです。そしてその手数料もリーズナブルで、まず固定費用が「出品サービス」への登録として月額4900円(税抜)のみです。追加して預けた商品により発生する在庫保管手数料、配送コストの配送代行手数料がかかります。このように注文処理に関する費用の大部分を変動費化することができますので、損益分岐点をぐっと下げることができます。

さらに海外のお客様からの注文対応もやってもらえますし、出荷時の袋詰めなど様々なサービスがオプションとして容易されています。和風雑貨を仕入れてFBAで海外のお客様に売る、とか十分あり得ますね。

 

(2)Amazon レンディングで資金調達する

Amazon レンディングとはアマゾンによる「短期運転資金型ローン」です。マーケットプレイスに参加している事業者が必要としている短期的なビジネスローンをアマゾンが融資してくれるという話です。つまり、アマゾンが商工ローン(事業者向け貸金業)を始めたのです。

Amazon レンディング

融資枠は10万円からなんと5000万円まで、となっています。普通のビジネスローンでは300万円から500万円くらいが上限です。利率は執筆時の表示で8.9% ~ 13.9%(年率)とカードローンに比べれば高いですが、まずまずの設定です。驚くのは担保・保証人が不要という点。実際にはマーケットプレイスに預けている商品が動産担保として機能していると思われますが、すごいですね。

また、申し込みから入金まで最短で3~5営業日となっており、超高速です。マーケットプレイスでの販売実績を把握しているので、決算書類審査とか面倒なプロセスが不要なのです。このことは事業者とアマゾンにとってウィンウィンを実現しており、今後商工ローンの事業者を吹き飛ばすことでしょう。

 

(3)Amazon Connectで電話応対する

最近知ったアマゾンのサービスの中で一番びっくりしたのが、この「Amazon Connect」です。Amazon ConnectはAWS(アマゾンウェブサービス)の一部として提供されている、「クラウド型コンタクトセンター」のサービスです。

Amazon Connect

コンタクトセンターでは一般にお客様から電話がかかってきたら、時間帯によりまたはお客様の番号選択により適切な担当者などへ振り分けるという機能を持たせますが、そこの部分を全部アマゾンにやってもらえる、という話です。

最も衝撃的なのはその費用です。なんと固定費ゼロ円。電話(コールイン・コールアウト)に分単位で課金するだけの完全従量制なのです。従量制の内訳は、サービス利用料が1 分あたり 0.018 USドル、これに加えて通話料金がコールイン(0800のフリーダイヤルの場合)が1分あたり0.2114 USドル、コールアウト(日本国内宛て)が0.1203 USドルであり、さらに電話番号利用料(0800のフリーダイヤルの場合)が1日あたり0.48 USドルかかります。これらは通話が無ければ発生しないので、通話無しならゼロ円となります。

これまでコンタクトセンターの構築というと、自社持ちであれば数千万円クラスの初期投資が必要でしたし、クラウド型でも多額の固定費が発生するのがあたりまえの世界でした。それが全部ゼロ円になって、利用した分だけ払ってください、ということになったのです。

しかもAmazon Connectではサインアップして簡単にコールフローの設定が可能です。おそらくエンジニアでなくても素人でもググりながら、作ることができるでしょう。支援が必要であれば、私のようなコンタクトセンターの経験があるフリーのコンサルタントに短期コンサルを依頼すればよいのです。中小企業や個人事業主でさえコンタクトセンターを持てる時代が来たのです。

サンクプランズ・コンサルティングお問い合わせフォーム

これはコンタクトセンターベンダーとそれを担いで多額のコンサル料をとっていたコンサルティング会社を吹き飛ばすことでしょう。



 

(4)汎用品を仕入する 

会計事務所のお客様で工務店がいるのですが、ここは「ネジ」や「釘」のような建築資材の汎用品を多くアマゾンで買っています。特殊な資材や特注品はアマゾン経由という訳にはいかないですが、大部分の汎用品はアマゾンから仕入れることができます。

建築・住宅資材

アマゾンから買うことで、納品が早い(アマゾンプライム適用の業者なら今日注文して明日納品など)ので在庫を減らせます。Just-in-timeに近いような資材調達が可能で、備蓄コストが下がります。またクレジットカード払いにすれば、引き落としまでの期間が長いので、現金管理上も助かります。ネットショッピングになりますので、ホームセンターに出向く物理的な手間も省略できます。

建築業にかかわらず、アマゾンには産業財の扱いも多くありますので、検索してみることをお勧めします。


 

(5)Amazon Pay の決済サービスを組み込む

もし自社のウェブサイトにEC(ショッピング)機能があるなら、その決済手段として、Amazon Payの導入を検討しましょう。自社のウェブサイトにEC機能を付ける場合、ウェブサーバーの運営会社が提供しているショッピングカートをオプションでつけたり、または外部のECサイト(楽天市場やヤフーショッピング)に誘導してそちらで購入してもらう、などの方法があります。

EC機能を付ける場合には、お客様にクレジットカードの番号などの情報を入力してもらう必要があるため、どれだけ安心感を与えられるかが重要です。だれも不安を感じる場所でクレジットカードの番号など入力したくないから、です。

Amazon Pay

その意味ではAmazon Payは、普段お客様がアマゾンで使っているアカウントや決済情報をそのまま利用しますので、信頼性が抜群でしょう。自社のウェブサイトにAmazon Payのボタンを設置するだけでこれが実現します。月額費用などは無料で決済金額の4%が手数料として差し引かれます(デジタルコンテンツの場合は4.5%)。

自分の場合はサービス業のため請求書ベースでの支払いが可能となる「スクエア」のサービスを導入しましたが、具体的にモノの販売をしているのであれば「スクエア」の他にAmazon Payも検討されると良いでしょう。「スクエア」もとても良い選択肢ですので、下記よりご検討ください。

コンサルティング料金の決済方法としてSquare(スクエア)を導入してみた



 

(6)Amazon マーケティングサービスで広告宣伝する

アマゾンの抜群の集客力を生かして、自社製品の広告宣伝をする、という方法があります。Amazon マーケティングサービスからキャンペーンを行うのです。

Amazon マーケティングサービス

Amazon マーケティングサービスを使ってキャンペーンを実施すると、お客様がアマゾンで検索した際に自社製品を推奨してくれるようになります。お客様の購買履歴や検索結果の類似商品からあなたの製品がレコメンドされます。

レコメンドされた商品をクリックした場合だけ費用が発生する仕組みになっており、キャンペーンごとに予算を設定して行います。運用の状態はリアルタイムでモニター可能ですので、高速でPDCAを回してより効果的なマーケティング活動が可能となります。

また、マーケティングを行う際には、アマゾンの中で検索されているキーワードを調べて、何が利用者に検索されているのか、を知ることも重要です。アマゾンの検索窓にキーワードを入れると他のキーワードをサジェストしてくる機能がありますが、数個しか出てきませんので不十分です。下記の「Keyword Tool」は有料(月額88ドル)ですが、アマゾンの中で検索されているキーワードの量を分析することができます。必要に応じてご検討ください。

Keyword Tool
https://keywordtool.io/amazon

以上、アマゾンを活用して中小企業や個人事業主が成功する方法、という話題でした。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

免疫力を改善するために実践している生活習慣

よく耳にする「免疫力」という言葉。ですが、これを計る指標はいまひとつ曖昧という感じがします。ゲームキャラの「戦闘力」と同じくらい曖昧です。従って「免疫力を上げる」といっても何のことなのか分かりません。今回は、「免疫力」とはそもそも何か、「免疫力を上げる」にはどうしたら良いか、自分なりのやり方をまとめてみました。


 免疫力を改善するにはどうしたら良いか

 

免疫力とは何か

もともと「免疫」には明確な定義があり、外から侵入してくる細菌やウィルスを撃退するための自己防衛システムのことです。したがって、免疫が機能しなくなると細菌やウィルスに感染するリスクが高まるという訳です。

「免疫力」とはこのリスクを抑えるための自己防衛能力を意味する言葉のようですが、それが高いとか低いとか何をもって言うのかははっきりしません。唯一指標と考えられるのは、血液検査で分かる白血球やリンパ球の各種数値です。実際、免疫に異常があれば、これらの数値に出てきますので、医師はそれらを診て判断します。

ですが、これらは自分の意思でどうにかなる数値でも無いようです。筋トレをすれば「戦闘力」は高まるでしょうが、何をすれば「免疫力」が高まるのか、は曖昧なままです。



 

免疫力を意識しないとどうなるか

免疫力とはそういう漠然としたものですが、意識をする必要があるものです免疫力を意識しないとどうなるかというと、自分の失敗談なのですが、病気になります。もちろん必ず全員ではありませんが、間違いなく病気になる確率が上がります。

特に加齢とストレスなど様々な原因の蓄積によって、少しずつ免疫力はダウンしてきますので、早い段階で免疫力を意識した生活にスイッチすることが重要です。病気とはある日突然になるものではなく、徐々に健康から移行していくものです。以前テレビCMでありましたが健康というより「未病」(まだ病気になっていない)という状態に過ぎません。

いかに病気の状態まで移行しないか、「未病」で踏みとどまれるか、は免疫力を意識できるかどうかにかかっています

 

自分で実践していること

私自身が病気を経験しましたので、身にしみて勉強しました。それで普段気をつけていることを書きます。といっても、それほど特別な事はなく、多くの健康な方はすでに気をつけていることです。自分は医師ではありませんので、専門知識はありませんが、これまで免疫力に関する以下のような様々な本を読んで挑戦し、自分の中で習慣として残ったものです。(画像をクリックするとアマゾンの紹介ページに飛びます)

体温に気をつける

体を冷やすと免疫力が下がるということです。これを知ってからは冷えに気をつけるようになりました。中国人は体を冷やす生野菜のサラダを食べない、と聞いたことがあります。火の通った野菜を食べることで免疫力を下げないようにしているのです。

また、私は毎朝体温を測って確認するようにもしています。36度に満たないような日が続いたときは対策を考えます。一種のPDCAですね。多少コストがかかっても夏の冷房、冬の暖房は健康コストと割り切って投資しています。夏の冷えは要注意で、冷房をつけたら靴下を履いたり、汗をかいたらすぐに着替えたりして冷えに備えています。

効果がメキメキ上がるPDCAの使い方
http://cinqplans.com/improvement/20171210

 

運動する

病気のあと一番変わったのがこれです。以前はほとんど運動しないで言い訳ばかりしていたのですが、今では週に5日くらいは運動しています。基本は近所のジム通いです。

とはいえ、疲れるほど運動するとか筋肉ムキムキになりたいとかではなく、血の巡りを良くするというか活性化・リフレッシュすることを目的としています。マシンとかプールで軽く体を動かして風呂かシャワーにはいって、さっくり1時間以内で終了する感じです。

運動してシャワーをあびるとその後で集中力が回復したり、夜良く眠れる効果も実感しています。血流改善効果で免疫力がアップしますし、筋肉が付けば太りにくい体になることができます。運動の効果はやはり大きいでしょう。

スポーツクラブ通いを長続きさせる方法
http://cinqplans.com/small-talk/20180507

 

生活のリズムを保つ

病気してからは、基本的に夜のお付き合いをお断りするようになりました。早寝・早起きの生活リズムが崩れるのが嫌だからです。夕方以降の仕事やセミナーもすべて参加しないようにしています。たまに参加したい会もあるのですが、涙を呑んで健康優先です。仕事は遅くとも5時で終了、その後は自分と家族の時間です。


 

疲れる前に休む

「疲れた」と感じるときは既に手遅れということです。脳の悲鳴が疲れですので、疲れる前に休むようにしています。そのために1時間単位でタスクのスケジュールを行って、時計を見ながらタスクをこなすようにしています。調子に乗ると脳が勘違いして(ハイになって)疲れを感じにくくなってしまうので、時間で区切って強制的に休息するのがマイルールです。

「昼寝」もよくするようになりました。昼寝といってもぐっすり寝るのではなく、すこしウトウトする程度、15分くらいでしょうか。たったこれだけでも、相当のリフレッシュ効果があります。逆に昼に長時間寝ると体に悪いという話もあります。電車の中でウトウトするぐらいが効果的です。

このように「疲れ」をコントロールして、免疫力の低下を防いでいます

 

マインドワンダリングをしない

「マインドワンダリング」とは直訳すれば「心ここにあらず」、いわゆる考え事をしている状態です。かつてNHKで放送された「キラーストレス」によるとマインドワンダリングを続けると脳が暴走して免疫力が低下するそうです。うつの症状を引き起こしたり、物理的な病気になることもあるということでした。心身ともに危険なことなのです。


したがって、マインドワンダリングをやめて今目の前で起きていることに意識を集中させることで、このような危険から身を守ることが大切で、そのための手段が「マインドフルネス」や「コーピング」です。もしご存知なければ、上の本を読んでみてください。

自分の場合、妄想癖というかマインドワンダリングが止められない習性があり、そんなときは(1)まず自分がマインドワンダリング状態にあることに気が付くこと、(2)これもどこかの本に書いてあったのですが心の中で「息を吸って吸って、吐いて吐いて」と言いながら呼吸すること、の2つをやっています。まず気が付くだけでも効果があるといいます。

 

砂糖・ぶどう糖を食べない

砂糖やぶどう糖(ぶどう糖加糖液)は「がんの餌」と言われていて、食べないほうが良いものということです。もともとスイーツ好きなのですが、我慢して「砂糖不使用」を選ぶようにしています。ジュース類も100%の野菜ジュースにしています。ジュース類はラベルを見るとかなりの確率でぶどう糖加糖液が入っていて、げんなりします。コーラ類を本当に飲まなくなりました。

ただし我慢にも限界がありますので、たまに理由をこじつけてスイーツを食べることがあります。その場合でも低カロリーなものにしています。なるべく(笑)。

 

低糖質(低GI)を心がける

低糖質というとダイエットの話が一般的ですが、目指しているのは低GI、すなわち血糖値の急な上昇・下降を避けるような食事です。食事については自分というよりは奥さんの努力によるところが大きいのですが、自分で選ぶ場合でもなるべく野菜を中心に低糖質、玄米、ブラン、そういった素材の食品を食べるようにしています。上記同様糖質の取りすぎで「がんの餌」にならないように気をつけているのです。

トランス脂肪酸を食べない

マーガリンが食べてはいけない食品ということは最近知りました。マーガリンの中のトランス脂肪酸が免疫力の低下をもたらす(悪玉コレステロールが増える、中性脂肪も増える)から、です。子供の頃から結構最近まで使いまくっていたので、ショックでした。最近では以前有害とされていたバターの方がむしろ体に良いと学説が逆転しており、バターを食べましょう、ということになっています。なので食べるならバターです。

油については、我が家では抗酸化作用が高いとされている「オリーブオイル」を中心に使っています。「サラダ油」はマーガリン同様トランス脂肪酸が含まれているということで、使っていません。トランス脂肪酸を避けて通るように注意しましょう。



 

ニンジンジュース

お笑い芸人の宮迫博之さんがアフラック(がん保険)のテレビCMでニンジンジュースを作って飲んでいるシーンがありました。ニンジンに含まれるベータカロテンは抗酸化作用のためがんに対する免疫力を上げる効果があると言われています(関係ないという説もありますが)。

事の真偽は分かりませんが、同じ飲むなら「ニンジンジュース」が良いと思い、私も常に家に常備して飲んでいます。本当はスロージューサーを使って作れば一番良いのでしょうが、なかなかそこまで手間がかけられません。


このため、次善の策として100%ニンジンジュースを通販で箱買いしています。

黒にんにく

にんにくは血液サラサラ効果や免疫力アップに効果があると言われています。ただ、にんにくを毎日食べるのは大変です。臭いですし。

そこで私は「黒にんにく」を食べるようにしています。普通のにんにくより効果があるという話で、毎日ひとかけらずつ食べています。黒にんにくの場合は少なくとも自分では臭くありません(家族は臭いといいますが)。プルーンを食べているような感じでおいしいので続けることが出来ています。

難点はすこし値段が高いことです。ただ、アマゾンのこちらの商品が自分が見たなかでは一番リーズナブルで味もおいしいので、お勧めです。

R-1ヨーグルト

明治のR-1ヨーグルトです。「強さ引き出す乳酸菌」となっていて、腸内環境を整えると免疫力アップすると言われています。最初は半信半疑でしたが、奥さんに勧められて食べだし、かれこれ2年くらいほぼ毎朝食べています。基本は「砂糖ゼロ」のものです。毎週末スーパーで7個買っています。まったく飽きません。これもちょっと値段が高い気もしますが、健康投資として続けています。

R-1ヨーグルトはコンビニで売っているので、地方に出張したりしても簡単に手に入るのも良い点です。

まとめ

以上のような諸策の成果か、おかげさまで健康状態は良好をキープできています。また、「風邪」を全く引かなくなりましたし、以前はひどい「花粉症」だったのですが、これも改善(というかほぼ症状が出てこない)しました。

これからも自分は「未病」なのだと思って、油断しないように過ごしていこうと思っている次第です。

※本記事の内容は個人の感想です。医学的根拠に基づくものではありませんので、ご了承ください。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

「ばらつき」との戦いをシミュレーションで探る

先日とある業務のコンサルティングをしておりまして、「ばらつき」の恐怖を味わいましたので、メモしておきたいと思います。いわゆるバックログや待ち行列に関するニッチな話題です。


バックログまたは待ち行列のコントロール方法

 

今回コンサルした業務について

この業務はお客様からリクエストを頂いて、処理して、次工程へ渡す、という典型的なオペレーションです。数式で表すなら、

Output = f(Input)

でしょうか。お客様からのリクエストがInputです。これは電話やメール、そして今どきですがFAXでも入ります。これを処理するチームが十数名いまして、リクエストの処理結果を様々な後工程の部署へ転送しています。コールセンターであり、業務センターであり、そういった特徴があります。

それで何が「ばらつく」のかというと「Input」のところです。Inputの件数が毎日大きく上下変動するのです。昨日1日で170件のInputがあったところ、今日は1日で250件のInputがあります。一日で80件も違います。こういうInputの50%程度の変動が頻繁に起きる業務です。



 

恐怖の「処理残」

この結果なにが起きるかというと、「処理残」(バックログまたは待ち行列)の蓄積が起きます。処理の積み残しが発生し、後工程へ渡せませんので、処理を待っているお客様からはクレームを受けます。とんでもない大クレームです。

処理残を蓄積させないためには、当然処理能力を増やせば良いのですが、一方で業務のコスト削減という要請もあり、コストをあまり増やすことなく処理残をほどほどに制御するにはどうしたら良いか?という最適解を求める話となります。


シミュレーションによるアプローチ

こういった場合、Excelを使ってシミュレーションしてみると問題の所在や対処方法の発見に有効です

ExcelにはRANDBETWEEN(数1, 数2)という便利な関数があります。数1と数2の間の数値をランダムに発生させることができます。今回の場合、過去の実績からInputが170件から250件くらいの間で変動すると分かっていますので、

RANDBETWEEN(170, 250) でInput数を模擬的に表現します。

この模擬的なInput数から処理能力(200件)を引いた結果が「処理残」になります。処理残がプラスの数値であれば、翌日へ持ち越しになりますので、翌日のInput数に加算されることになります。もし、処理残がマイナスであれば、処理残なしという意味ですので、加算される数値は「0」となります。

こうして100日分の動きをシミュレーションしたものが下図です。見て分かるとおり、処理残が爆発してしまいます。処理能力を下回るInput数の日も多いのですが、ひとたび蓄積し始めると手がつけられなくなります

処理残シミュレーション

この原因は処理能力不足ですが、処理能力をどのくらい持てば、ビジネス上制御できていると言えるでしょうか?試しに処理能力を205件にしてみると次のような感じになります。

処理残シミュレーション

かなり改善されました。たった「5」だけ処理能力を加えただけで大きく様子が変わることが分かると思います。ですが、ちょっと心もとない感じです。では処理能力を「210件」とするとどうでしょうか。

処理残シミュレーション

今度は完全にコントロール出来ています。コスト削減との兼ね合いですが、処理能力を「10」(つまり5%)アップさせることができれば、処理残の問題は制御することができそうです

では、同じ処理能力210件で、Input数の変動範囲を170件から270件まで、20件上ぶれさせたら、どうなるでしょうか。このようにまた処理残が爆発してしまいます。

処理残シミュレーション



まとめ

様々な業務でInput数では一定ではないでしょう。コールセンターにしろ、銀行の窓口、レストランの注文など、Input数が変動する「ばらつき」との戦いは避けることが出来ません。多かったり少なくなったりするのが普通です。

そういう場合に、リーズナブルなコストでInputをさばき、待ち行列を作らないようにするにはどうしたら良いか?上記のシミュレーションから次の仮説が成り立つでしょう。

  •  変動のパターンを知ろう。最大・最小がどのくらいで変動するのかを理解すること
  •  処理能力は最大・最小の中央値を目安に設定しよう(上記の例では(170+250)/2 = 210件)。理論的にはこれで制御できるはず
  •  もし現状の処理能力がこれに足りなければ、トレーニングや業務手続の簡略化などで補えないか検討しよう。直ぐに人を追加採用しようとしないこと(高くつくから)
  •  Input数の上ぶれが予想されるなら、そのような場合に一時的に処理能力を増強する方法を検討しよう。(普段その処理をやっていない管理職の人や別部署の人に参加してもらう等)

以上、ばらつきとの戦いをシミュレーションで探る、という話題でした。「ばらつき」はサイエンスです。下記の書籍なども参考にどうぞ。(画像をクリックするとアマゾンの商品ページに飛びます)

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

【不労所得】他人に養ってもらう

不労所得として様々な手当をもらう

夫婦

不労所得のもう一つの考え方は、他人に養ってもらうということです。と言っても、「ヒモになれ」という訳ではなく(もしなれるならそれでも良いのかもしれませんが)、ここでは公的な機関に生活を支えてもらえる仕組みについて説明します。



 

失業手当で暮らす

失業手当というのは雇用保険の失業給付のことで、次の職を見つけるまでの間、雇用保険から支給されます。失業といっても事情は様々ですので、会社都合によるものか自己都合によるものか、また前職に何年勤めていたか、などの条件で受給期間が異なります。

例えば、10年勤めた会社を自己都合で辞めた場合は、約3ヶ月後から120日間支給されます。支給額は失業前6ヶ月の給与を元に計算され、その日額の50%から80%ほどが支給されます。ただし、日額上限があって、たとえば45~59歳であれば日額7,810円が上限です。

雇用保険料の支払いは労使折半です。つまり、もともと自分が払っていた保険料が戻ってくるだけという面があり、厳密には不労所得ではないのですが、せっかくいただけるものなので、フルに活用しましょう。

あまり焦ってブラック職場に行くよりは、半年くらいのんびりして、じっくり職探しをすれば良いのです。



年金で暮らす

年金も不労所得と呼ぶのは語弊がありますが、「高齢」や「障害」など収入を得るのが困難になった時に、生活を支えるために働かなくてももらえるお金です。社会的なセーフティネットとして重要ですが、年金ほど複雑で分かりにくいものはありません。

年金は人によりケースバイケースで違いますので、日本年金機構の相談窓口に問い合わせるか、私のようなファイナンシャルプランナーに相談しましょう(お問い合わせはこちら。有償になりますが、個別の事情に踏み込んでアドバイスが可能です。

全国の相談・手続き窓口|日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/section/soudan/

そこまでしないまでも「ねんきん定期便」が送付されて来たら、おおよそどのくらいの年金がもらえそうか、の把握をしておくようにしましょう。現時点では原則として65歳から受給開始ですが、この少子化・高齢化の折、この年齢が引き上げられたり、定期便に書いている金額より少なくなったりする可能性もあります。

したがって定期便の内容を鵜呑みにするのではなく、自分の老後は自分で守る、という積極的な姿勢が若い世代ほど大事です。個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)などを活用して計画的に資産形成しましょう。下記の過去記事も確定申告の方法ですが、参考にどうぞ。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めた場合
http://cinqplans.com/finance/20171208




再雇用給付金をもらう

多くの会社では60歳が定年ですが、本人が希望した場合は雇用者は65歳まで雇用する義務があります。ですが、定年後の再雇用という形になり、多くの場合は給与が定年前より少なくなります

いろいろな会社の人事の人に伺うと、大体20-30%程度は少なくなるようです。定年間際に市場価値より高く貰っていたものが、市場価値に合わせた給与になるため、このような減額が生じるのでしょう。技術者など高度な市場価値があれば、再雇用でもそれほど下がらないはずです。

ですが、生活する方からすると、この減額は痛いです。急に家計を縮減することほど難しいことはありません。そこで雇用保険から再雇用給付金(正式にはは高年齢雇用継続基本給付金)をもらって減額を補填するという制度があります。

もし75%未満に低下した場合に、60歳以降の各月に支払われた賃金額の、最大で15%が給付金として支給されるのです。誰も教えてくれないので意外とこれを知らない人が多いのですが、不労所得の一種なので、損をしないように覚えておきましょう。

アパート経営成功の「鍵」がココにある!【失敗しないアパート経営セミナー】

 

傷病手当金・保険金で暮らす

万が一病気になって仕事できなくなったら?というのは常にある不安です。民間の医療保険などに加入していれば、入院や手術に対して保険金が支払われます。これに加えて、会社員であれば、健康保険から「傷病手当金」の給付を受けることができます。

傷病手当金は医師の証明により給料の3分の2程度が1年半程度の期間支払われる制度です。金額や期間はその人が所属している健康保険組合によって違うので、自分の場合どうなのかは確認するようにしましょう。

個人事業主の国民健康保険では、残念ながらこの制度が無いので、医療保険(個人的には県民共済の医療保険がコスパが良くてオススメ)や商工会議所や業界団体の休業補償に加入しておくと良いでしょう。

休業補償プラン – 商工会議所の保険制度 – 日本商工会議所
https://hoken.jcci.or.jp/leave-compensation

私も傷病手当金を受けた経験があるのですが、長い人生では意外と万が一の事態が発生するものです。普段は保険料が高くて文句を言っていても、これほどありがたいものはありませんでした。不労所得というのんびりした話とは違いますが、良い時ほど悪い時を想定して備えておきましょう。



生活保護で暮らす

生活保護制度は「生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的」(厚生労働省ホームページより引用)としており、事情により扶養義務者からの扶養を受けられない場合に個人個人の状況に応じて扶助するものです。

それぞれの地域を管轄する福祉事務所を通じて申請すると生活費、家賃、教育費など内容に応じて扶助が支給されることになっています。年金やその他の収入で足りない部分を補うように支給されます。

生活保護は不労所得といえば不労所得ですが、当然ながらこれを積極的に活用しようという性格のものではありません。中には悪用を考える人もいてたまにニュースにもなります。ですが、本当に必要であればためらうことなく申請して活用すべきです。平成28年1月の統計では保護率は1.71%となっています人口100人あたり1.7人が生活保護制度を利用している計算になります。まったく恥ずかしいことではないでしょう。

以上、不労所得をもらって他人に養ってもらう、という話題でした。不労所得のヒントはこちらの本「週4時間だけ働く」にも。よかったらどうぞ。(画像をクリックするとアマゾンのページに移ります)

【不労所得】関連記事はこちら:
お金にお金を稼いでもらう
人に働いてもらって稼ぐ方法
不動産にお金を稼いでもらう
権利にお金を稼いでもらう
他人に養ってもらう

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

コンサルティング料金の決済方法としてSquare(スクエア)を導入してみた

コンサルティング料の決済方法としてクレジットカード払いを実装できる方法を探していまして、いろいろ調べた結果、こちらのように「Square(スクエア)」さんにお世話になることにしました。

Square_Logotype_black

 

 

Squareに決めた理由

「請求書」を発行して決済することができるから、です。この機能によりSquareからメールベースの請求書をお客様に発行し、お客様はその請求書メールからSquareの決済画面に進みクレジットカード情報を入力して決済をすることが出来るようになります。

請求書

これの何が良いかというと、下記のような点が挙げられます。

(1)お客様はSquareの会員IDを持つ必要がない

(2)クレジットカードはVisa/Master/Amexおよび別途申請するとJCBも受付可能

(3)メールとネット環境だけで完結でき紙への印刷や郵送が不要

(4)Squareの管理画面でどこにいくら請求しそれが支払われたかどうか確認できる

別のサービスではお客様も会員登録が必要とか、カードはVisaしか受け付けないとか、郵送が必要とか、いろいろと不都合が多いのですが、Squareが自分にとって一番ぴったりなサービス内容だったのです。

請求書を発行して決済する場合、請求書の発行自体は無料、手数料は一律3.25%(JCBの場合だけ3.95%)とシンプルです。この分かりやすい料金体系も良いです。(2018年8月時点。最新の情報はWebサイトよりご確認ください)

Squareが安心な理由

(1)固定費がかからない。月額費用などが発生しないので、私のような不定期なビジネスにはうれしい限りです。入金に対してだけ3.25%(JCBなら3.95%)の費用がかかるのみです。リアル店舗でカードリーダー(スマホのイヤホンジャックに挿して使います)が必要な場合は4,980円で購入する必要があります。(リーダー代金のキャッシュバックキャンペーンがある場合があります。最新の情報はWebサイトよりご確認ください)

(2)すぐにはじめられる。請求書ならアカウントを登録していくつか情報を入力するだけで開始できます。その後、100円の請求書発行テスト(自分で自分に請求書を発行して自分のカードで決済し、すぐに払い戻しする)や銀行口座の認証などありますが、とても簡単でした。

(3)サポートが良い。Squareは外資系なのでサポートはどうかな?と思いましたが、私が経験した限りでは申し分ないというか、他より良いぐらいでした。

(4)入金が最短で翌日。ビジネスによっては資金繰りが厳しく、早く入金してほしい、というニーズがあります。そんな場合に翌日入金はありがたいですね。

以上、コンサルティング料金の決済方法としてSquare(スクエア)を導入してみた、という話題でした。検討してみようと思われましたら、以下よりどうぞ。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

【不労所得】権利にお金を稼いでもらう

権利から不労所得を得る方法

お金

不労所得シリーズの中で一番難易度が高いが、一番効率的なのが「権利」にお金を稼いでもらうというものです。



 

不労所得を著作権で得る

著作権とは著作物を財産として保有して使用や複製を独占できる権利です。権利が続く期間は、著作者の死後50年までが原則とされています。著作権の対象となる著作物には書物、音楽、絵画、建築、コンピュータプログラムなどがあります。

つまりこれらの著作物を製作して他人に使用許諾を与えることで対価(印税)を得れば、生きている間はもちろん死後50年間も不労所得を得ることが可能ということです。

それなら本を書いたり、音楽を作ったりして印税生活を送りましょう、ということになるのですが、現実にはそう甘くありません。ですが、全く不可能かというとそうでもなく、一定数の方が「作家」として生計を立てていますし、書店など行きますと出版されている本は数多く存在し、つまりその数だけ著作権者がいる、ということです。

要はどうやってその道に入るか、入った後続けていけるか、ということです。続けていくのは多分に本人の特性と努力によるものですが、ここでのその道への入り方について簡単にまとめます。

アパート経営成功の「鍵」がココにある!【失敗しないアパート経営セミナー】

 

本を出版する

本を出版する方法は商業出版と自費出版があります。また最近はアマゾンのKDPやPODという第3の方法も出てきました。商業出版の場合、出版にかかる費用は出版社が負担します。そして出版部数または売上部数に応じて5-15%の印税が作家に支払われます。自費出版では数十万円から数百万円の費用を作家が負担することになります。

商業出版は当然にハードルが高いと言われます。出版社も商売ですから儲かりそうも無い本は出版しません。ましてや最近というか将来も出版業界の見通しは暗く、書店が相次いで閉店している現状ですから、特に紙の書籍を商業出版するのは難しいでしょう。よほどのコネが無いかぎり出版社に原稿や企画をいきなり持ち込んでも無視されるのがおちです。

ですが、諦めるのは早いです。あのハリーポッターでさえ12社もの出版社がボツ企画にしたそうなので、何が当たるか分かりません。自分を信じて進みましょう。

また、商業出版されている方を見ていますと、ブログを通じて書いたものを公にし、出版社の編集者に見つけてもらったというパターンが多いようです。ブログはアウトプットの場として最適ですので、まずは文章を書く力をつけるためにもブログを書いてみることをお勧めします。

ビジネス書や自己啓発書ではなく、小説やミステリーの分野であれば、文芸誌の新人賞に応募したり、小説投稿サイトに出してみたりして編集者の目にとまるという手もあります。


 

第3の出版方法。アマゾンのKDP

アマゾンのキンドル(Amazon Kindle)の登場によって、電子書籍が一気に普及しました。私も最近ではもっぱらキンドルで読書するようになり、読書量が増えました。一般の傾向としても、今後は読書は電子書籍がメインで、特別な理由がある場合だけ紙の本を取得する、ということになるでしょう。

従ってむしろ電子書籍を第一に考えるべきです。電子書籍が売れることで注目されて紙の書籍を出版というパターンもあります。

キンドルにはKDP (Kindle Direct Publishing)という出版の方法があります。自分で原稿と表紙のイメージを用意したら、即電子書籍の出版・販売が可能という古くからの出版業界をぶち壊すシステムです。ググるとやり方が出てきますが、非常に簡単です。

私もこちらで紹介しているとおり、2冊の本をKDPから出しています。KDPの場合アマゾンに独占販売を認めると印税が70%、認めなくても35%という紙の本に比べて高率になっており、作家としては魅力的です。また、アマゾンの圧倒的な集客力がありますので、相当ニッチな内容でも検索で引っかかって売れていくということが期待できます。英語で本を書けば海外のアマゾンでも販売でき、市場が一気に広がります。

ご自身の分野についてビジネス書や自己啓発書を書いたのでれば、KDPを最初の発表の場として活用することをお勧めします。以下のクイックスタートガイドが無料で読めますので、ぜひどうぞ。

KDPで出した本を使ってセルフブランディングするという手法もあります。ブログやセミナーなどで「本を書いている」ということをアピールして、自分自身の価値を高めるために使うということです。不労所得とは話が脱線しますが、セルフブランディングが目的であれば1円などの価格設定にして世間に自分のことを知ってもらう戦略もアリです。

 

第3の出版方法。アマゾンのPOD

あまり知られていませんが、アマゾンにはもう一つPOD (Print On Demand)という出版方法もあります。簡単に言うと、本の受注生産です。アマゾンのサイトで注文が入ったら、紙の本を印刷・製本して購入者に届ける、というものです。

KDPではあくまで電子書籍の世界ですが、色々な理由でやっぱり紙の本が必要、ということがあります。例えば、絵本のような子供向けであれば紙のほうが良いということがありますし、セルフブランディング目的でセミナー受講者に本を配りたいとか会場で手売りしたい、とかそういう場合です。

PODは作家にとって非常に使い勝手が良いのですが、残念ながら日本ではPOD業者のみが利用できるシステムで、個人での利用はできません。従って、MyISBNNext PublishingなどのPOD業者を利用するということになります。

MyISBNでは初期費用4980円を支払い、書籍データを提供すれば、アマゾンからPOD販売が可能となります。印税は10%となっており、90%はアマゾンとMyISBNが手数料としてとる仕組みになっています。Next Publishingの場合、初期費用無料、印税は15-20%程度となっているようです。(最新の情報は各社のサイトよりご確認ください)



 

まだまだ出てくる新しい出版方法

「書籍」としての体裁に拘らないのであれば、データとして例えばPDF形式のままデジタルコンテンツを販売する、という手もあります。BoothBaseといったネットショップサイトでは、このようなデジタルコンテンツを販売することが可能です。

私もBaseのショップを開いて、こちらのように書籍をデジタルコンテンツとして販売しています。デジタルコンテンツも一度作ってしまえば、繰り返し販売されて不労所得を実現できるものです。アマゾンほどの集客力は無いのが欠点ですが、これから新しい展開が考えられるアプローチです。


不労所得を特許権で得る

もしあなたが発明をしたなら、その発明を特許に変えて、特許権を使って不労所得を得ることができます。ここでいう発明とは特にハイテクである必要はなく、ローテクな日常のちょっとした不具合を改善するもので良いのです。

よくテレビ番組で見かけるように、キッチン雑貨や掃除用具の類で、こういうものが欲しかったのだっ!という便利グッズを発明して特許権の申請をしましょう。特許を取得したら事業者に売り込んで権利をお金に代えることができます。

特許も市場原理が働くので内容が良ければより高い値段がつきます。多くの場合は、契約時の一時金(契約料)と特許権使用料として商品出荷価格の3~5%程度が支払われます。ただし、特許の登録を受けると「特許料」を毎年特許庁に支払う必要があります。このためうっかりすると赤字という可能性もあるのです。

ですが、ヒットすれば大きいのも事実で、特許収入だけで暮らせる人もいます。まずは毎日の生活のなかで気づきを記録することから始めてみましょう。

以上、権利から不労所得を得る方法、という話題でした。こちらの話題については書籍「寝ながら稼ぐ121の方法」にも詳しいです。ぜひ、どうぞ。(画像をクリックするとアマゾンのページに移ります)

【不労所得】関連記事はこちら:
お金にお金を稼いでもらう
人に働いてもらって稼ぐ方法
不動産にお金を稼いでもらう
権利にお金を稼いでもらう
他人に養ってもらう

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら

【不労所得】不動産にお金を稼いでもらう

不労所得を不動産で得る方法

お金

不労所得を得る方法のもっとも古典的な方法が不動産にお金を稼いでもらうというものです。古来から土地・建物持ちは強いのです。不動産さえあれば現金を生み出してくれます。その代わり固定資産税という足かせをはめられますが、それを上回るキャッシュを得ることは可能です。ここでは不動産を有効活用する方法について説明します。



 

大家さんになって不労所得を得る

不動産投資の王道といえば、大家さんになることです。最近ではサラリーマンが銀行から借金して(勤め先の会社の信用をつかって)、マンションや中古アパートを購入し、賃貸に出すことで収入を得るというやり方が流行っています。

賃料収入からローン返済を差し引いた残りが儲けになります。5棟10室基準といって、1軒屋なら5軒、アパートなら10室程度もって大家さんになると事業として行なっているレベルとして税務署から認めてもらえます(結果、青色申告の優遇が増えます)。実際にアパートをいくつも所有しているサラリーマンの方もいます。

当然ながら少子化・高齢化のおり、こういった賃貸用不動産への投資はリスクを伴います。ニュース等でもサブリース物件の問題や「かぼちゃの馬車」問題など詐欺まがいの事案が頻繁に話題にあがっていますね。

実際に大家さんになって成功するには、かなりの情報収集と勉強が必要です。業者の誘いに乗ってその通り儲かるとかまず無いでしょう。では、どうやって情報収集と勉強したらよいのか?



 

「楽待」で投資用不動産を探す

書籍などもたくさん出ていますが、私がオススメするのは【楽待】(らくまち)というサイトです。このサイトは東証一部上場のファーストロジックという会社が運営している、投資用不動産物件の売買仲介サイトです。こちらのサイトには物件情報以外に大家さん向けの情報や現役大家さんが書いているブログが掲載されており、リアルな情報を収集・学ぶことができます

投資用不動産というのはこれまでは不動産屋さん同士で売買してしまうことが多く(本当に儲かる物件は人に紹介しないから)、なかなか一般の人が目にしない話だったのですが、この楽待がそこに風穴を開けたような形になっています。

不動産投資の楽待
https://www.rakumachi.jp/

 

不動産投資セミナー

また、様々な会社が不動産投資セミナーを開催しています。一例として株式会社PRESIのセミナーを紹介します。低価格の物件で伸びているところです。よろしければ下記から参加をご検討ください。

アパート経営成功の「鍵」がココにある!【失敗しないアパート経営セミナー】

 

「一口大家」という資産投資の選択肢

いきなりマンションやアパートの大家さんはリスクが大きすぎるという場合には、株式会社クレアスライフが提供している「一口大家」というものがあります。1口50万円で都心のマンション1室の共有持分を購入し、購入した共有持分をクレアスライフに賃貸することで、クレアスライフから賃貸利益を受け取るという資産運用です。

5年間の運用期間で実績ベースで年利2.2%の利回りがあり、5年後にクレアスライフが共有持分を買い取ってくれます。マンションの価格が下がっても20%までであれば元本割れはしないとされています。なかなか堅実な資産運用です。興味がある方は下記から資料請求してみてください。

50万円からはじめる資産運用


以上、不動産で不労所得を得る方法という話題でした。他にも不労所得の方法を探したい方は、こちらの書籍「寝ながら稼ぐ121の方法」もおススメです。(画像をクリックするとアマゾンのページに移ります)

【不労所得】関連記事はこちら:
お金にお金を稼いでもらう
人に働いてもらって稼ぐ方法
不動産にお金を稼いでもらう
権利にお金を稼いでもらう
他人に養ってもらう

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら