【働き方改革】生産性を2倍にするスマホ2台持ち。GalaxyS8とBlackBerry KEY2

スマホ

 

スマホは飽和に近い

日本においてはスマホ市場も飽和に近い用相を呈しています。下図の調査のように、2016年時点でも全体で半分以上に行き渡り、20代・30代にいたっては90%を超えてしまっています。

スマホ飽和(出展:総務省調査 スマートフォン個人保有率の推移)

そうなると、供給する側としては2台目を持って欲しい、ということになるのでしょうが、2台持って使い分けることにより、生産性を改善することができます、という話をしたいと思います。



スマホ2台の使い分け

スマホを2台所有している場合は、1台は仕事用もう1台は個人用として使うことが多いと思います。私もかつてはそうしていたのですが、最近はちょっと変えまして、1台はインプット用、もう1台はアウトプット用として使うようにしています。

このように使い分けることで生産性が向上しました。

インプット用とは文字通り情報を収集するためのスマホということです。アウトプット用とは情報を出力して文章を書く目的で使うスマホということになります。

 

インプット用

インプット用のスマホとして使っているものはこちらの GalaxyS8です。

記事執筆時点においてSamsung Galaxyシリーズの最新のモデルはGalaxyS9ですが、 S8を1年ほど前に購入して現在も使用を続けています。現在も使用を続けており、特に問題なく快適に使っています。なぜGalaxyS8をインプット用にしてるかと言うと、有機ELのディスプレイのため発色が美しく、ベゼルが狭く表示領域が広いですので、「読む」という作業に向いているからです。

こちらのスマホでは主に情報を収集を目的としていますので、ブラウザやメールアプリの他Amazon Kindleで電子書籍、Feedlyを入れてRSS配信を受ける記事を読むために使っています。

特にKindleはよく使っていて、電車の移動中やちょっとしたスキマ時間に読書をするためにこちらのGalaxyS8を使っています。

さらに音楽プレーヤーとしても使っており、音楽再生アプリや Podcast それからラジオクラウドといったアプリで、「耳からのインプット」用としても活用しています。

 

アウトプット用

一方、アウトプット用スマホとして使っているのはこちらのBlackBerry KEY2です。

見て分かる通り、このスマホの最大の特徴は物理的なキーボードがついているということです。どちらかというと「変態」スマホですが、 BlackBerry 伝統のキーボード付きスマホということです。

このキーボードを使うことで文字入力の生産性が格段にあがりました。通常のスマホであれば、ソフトウェアキーボードを使ってフリック入力などで入れていくわけですが、個人的にどうしてもフリック入力が馴染めず、困っていました。練習してもちっともうまくなりません。それで今年になってこのBlackBerry KEY2が発売となり、そそくさと乗り換えた次第です。

このスマホはフリック入力が苦手なおじさん世代にぴったりなスマホではないかと思います。使い勝手に慣れるまで少し時間がかかりますし、キーが小さいので隣のキーを押してしまったりすることもありますが、慣れてしまえばかなりスイスイ入力できます。このキーボードを使ってプチプチとローマ字入力をする方が、自分にとっては全然スピーディに文字を入力することができます。フリック苦手世代のみなさん、お試しください。

アウトプット用ということでこちらのスマホにはメールアプリのほか、Line、Twitter、Facebook、Googleドキュメント、Excelのような何かを書き込むためのアプリケーションが中心に入っています。

 

その他のメリット

スマホ2台持ちの別のメリットは、もちろん二つの電話番号を持つことです。1台を個人用、もう1台を会社用とできます。夜になれば会社用は電源を切ってしまいますので絶対にかかってこないと言うことになります。さらに、もう一つのメリットは電池切れ対策です。うっかり充電を忘れた時に、どちらか一方が電池切れになったとしても、オンラインの状態を続けることができます。

自分のゲームなどをやりませんので、滅多に電池切れということはありませんが、それでも2台持っていることによる安心感というのがあります。

 

おススメの回線

スマホやタブレットを2台3台と持つようになりますと、一つの契約で複数の SIM がもらえるものもらえる回線業者と契約する方がいいです。

私の場合はイオンモバイルと契約してSIMを3枚持っています。2枚は上記のスマホ2台、もう1枚はデータ専用でタブレットに使っています。

イオンモバイルは近所にイオンがあれば大抵はすぐに店頭で契約出来ます。ネット経由ですと時間がかかり結構面倒ですが、買い物のついでに店頭で手続きできれば手間が省けます。また、有料ですが留守番電話サービスもあり、海外へのローミングサービスもあります。しかも安い。SIMカード最大5枚でシェア音声4GBプランが月額1,780円!(ただしSIMカード追加1枚ごとに月額200円かかります)。契約年数の縛りもありません。自分としては非常に助かっています。

 

以上、働き方改革に貢献する生産性を2倍にするスマホ2台持ち、という話題でした。


━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら