【2019年 所得税確定申告】個人事業主・フリーランス向け。後悔しないための準備とは



今年の確定申告はじまり!

平成30年分の確定申告(所得税)シーズンが始まりました。私は自分の申告は2月7日に終了しました。インターネット経由で国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を使って申告しました。この作成コーナーからの提出は1月4日から出来ますので、年明け早々に済ませてしまう人も結構います。

インターネット経由なら、税務署のあの長蛇の列に並ぶ必要は無く、とても楽ですので、これを使わない理由が見つかりません。以前税務署の人に聞いたところ、期間中は毎朝8時から100メートルくらい列ができるというお話で、時間の無駄としか言いようもありません。税務署にとっても群衆の整理に余計なコストがかかります。



ID・パスワード方式を使おう

そのせいでしょうか、インターネット経由での申告が年々便利になってきていまして、今年からとうとう「ID・パスワード方式」の認証で使えるようになりました。

ID・パスワード方式とは文字通り、ID(登録者番号)と任意のパスワードで、作成コーナーにログインして申告できます、というもので、普通といえば普通です。昨年までは「マイナンバーカード」と「ICカードリーダー」をパソコンに繋げて認証していたのですが、カードリーダー用のドライバーのダウンロードだとか、ブラウザがInternet Explorerしかダメとか、いちいち大変で大変不評だったのです。

それでいまひとつ利用者が増えないということで、ID・パスワード方式を一時的な解決策として導入したということです。もうこのまま恒久的にID・パスワード方式で良いのに、と思います。

ID・パスワードの発行には本人が税務署に出向いて行う必要があります。代理はダメです。これも面倒ですが、1回行けば良いだけですし、申告の長蛇の列に比べればまだましです。税務署では運転免許書などの本人確認書類を見せて、申込書に記入します。しばらくすると担当者に呼ばれて、担当者と一緒にパソコンから名前や住所など基本的な情報を入力し、最後に任意のパスワードを設定します。これが印刷された紙を渡されて終わりです。所要時間10分ほど。もしまだID・パスワードの設定をしていない方は面倒でも行った方が良いです。

また、今年からChromeやSafariなどみんなが普通に使っているブザウザーがサポートされて、かつスマホからも申告可能です。パソコンのInternet Explorerを引っ張り出す手間もなくなり、助かります。



個人事業主・フリーランスの悲劇

個人所得税の確定申告は準備していた人とそうでない人の差が大きいと感じます。個人事業主やフリーランスで、割とまめに帳簿を付けていた方、クラウド会計システムを使って自動取り込みしてきた方は、比較的に大した苦労もなく終了できます。下記の記事のように若干の決算整理をする程度ですぐに作成コーナーから申告できます。

ところが、1年分の領収書やレシートを段ボール箱に蓄積してきただけ、という場合は悲惨です。自分で帳簿につけることはもちろん地獄ですし、ミスの可能性も多くなります。本業に時間をかけられなくなるでしょう。また、税理士事務所に1年分お願いします、といっても断られることも多いようです。





スムーズな確定申告のために

そういう場合どうすれば良いのか?思いつく方法としては、クラウドソーシングを利用する方法です。クラウドソーシングを使えば、データ入力業務などを単発で外注することができます。クラウドワークス のようなサービスに登録して、「お仕事」として発注しましょう。およそ10−20万円くらいが相場のようですが、やむを得ないコストです。

やはり、申告時期にバタバタするより1年間を通じて準備をしておく方が良いです。準備の方法には3つほどあります。

(1)自分で帳簿をつける

自分で帳簿をつける場合、無料でやりたい、という場合は、私が無料で提供している「シンプル経理ツール」をご検討ください。Excel上で仕訳を入力し、試算表や貸借対照表、損益計算書の作成をすることができます。Excelなので自由度が高く、自分で言うのも変ですが扱いやすいです。私自身もこれを使っています。下記の記事よりご参照ください。

すこしならコストをかけても良い、という場合は、クラウド会計システムの利用を検討しましょう。銀行やクレジットカードの履歴を取り込んで自動で帳簿をつけてくれます。現在のところ最大手はやよいの青色申告オンライン のようですが、freee も使いやすく豊富なサービスで人気があります。いずれも、無料プランがありますので、ユーザー登録してすこし触ってみると良いです。


(2)記帳代行の外注サービスを使う

自分で帳簿をつけるなんて、時間も知識も無くて無理です、という方は外注しましょう。「記帳代行」という代行サービスがありますので、利用することができます。下記メリービズの「バーチャル経理アシスタント 」などがおすすめです。


(3)顧問税理士をお願いする

一番安心なのはこれです。その分費用がかさみますが、個人事業やフリーランスの場合は、顧問料は法人に比べて低い設定になっていますので、検討されることをおすすめします。特に、個人事業主の方でも複数の従業員がいて、規模の大きなビジネスの場合、上記の自分でやるとか代行サービスでは間に合わなくなってきます。いずれ問題に直面してしまう可能性が大きいですので、早い段階で税理士にお願いすることをお考えください。

税理士の検索とマッチングには税理士ドットコム のようなサイトの活用をおすすめします。税理士の紹介は無料で、自分にあう人を紹介してもらうことができます。


または、私の勤務する税理士事務所でも対応可能です。こちらよりお問い合わせください。


以上、2019年確定申告について個人事業主・フリーランスが後悔しないための準備とは、という話題でした。確定申告について勉強したい方はこちらの本がお勧めです。

関連記事は下記ご参照ください:
【2019年 所得税確定申告】ふるさと納税をした場合
【2019年 所得税確定申告】 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めた場合
【2019年  所得税確定申告】サラリーマン大家さんの場合
【2019年 所得税確定申告】ビットコインで儲けがある場合
【2019年 所得税確定申告】国税をクレジットカードで決済する方法 
【2019年 所得税確定申告】持株会で株式を取得した場合
【2019年 所得税確定申告】外資系企業の従業員がRSUをもらった場合
【2019年 所得税確定申告】作家や漫画家なら個人事業税が非課税に
【2019年 所得税確定申告】新年になったので去年の経理をして確定申告に備えよう
【2019年 所得税確定申告】個人事業主が2以上の事業を営んでいる場合の申告方法

━━…━━…━━…━━…━━…━━
サンクプランズ・コンサルティング
━━…━━…━━…━━…━━…━━
個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。
詳しいプロフィールを見る
会計サービスについて
コンサルティングについて
デジタルコンテンツ販売について
セミナーについて
お問合わせはこちら