【事業承継】中小企業が黒字廃業せずに後継者に低コストで事業を承継する方法

事業承継の必要に迫れている会社が増えています。日本の高度成長期に創業した中小企業の会社の社長が70代、80代となって、そろそろ引退というタイミングだからです。 事業承継を断念する場合、会社が消滅することとなり、黒字で安定 …

【小さなビジネス応援】個人事業主のための事業承継税制が平成31年より法改正で新登場!開業医などにメリット!分かりやすく解説

個人事業主だけど何とか後継者に税負担無く事業を引き継げないだろうか?とか、個人事業主から事業を引き継ぎたいけど税負担に耐えられない、という方に朗報です! 以下では平成31年(令和元年)からスタートした「個人版事業承継税制 …

【小さなビジネス応援】事業承継したい中小企業の社長と後継者へ。その方法について解説

中小事業の事業承継は難しい 下図のとおり、中小企業の60歳以上の経営者のうち、平均で50%の経営者(法人では3割が、個人事業者では7割)が廃業を予定しているというデータがあります。 (出典:事業承継に関する現状と課題 中 …

【小さなビジネス応援】多くの人がうっかり間違える「みなし配当」についてわかりやすく説明

みなし配当とは? 剰余金の配当ではないのに、実質的に株主に対する剰余金の配当と変わらない状態となったため、法人税法上の配当とみなすことをいいます。これを株主(個人)の側からみると、配当所得として所得税が課税されることにな …

【小さなビジネス応援】事業承継における多角化への処方箋を事例で説明してみた

中小企業では事業承継と多角化がセットで話題になることが多いです。高齢化した創業者は市場の変化に疎くなってしまい、保守的な判断しかできなくなっていきます。それを不満に思う二代目社長が、自らの実績作りのためにも是非とも経営の …

【小さなビジネス応援】親父の会社(非上場)を継いだらいくらかかるのか?非上場企業株式の評価方法を3分でわかりやすく解説

  事業承継にはコストがかかる 親父の会社を継いだらいくらかかるのか?と言われると、「えっ?コストなんてかかるの?」と思ってしまう人も多いはずです。高度経済成長期に起業して今の社長一代で会社を大きくしたものの、そろそろ代 …

【不労所得】人に働いてもらって稼ぐ方法

人に働いてもらって不労所得を得よう 不労所得を実現するためには、人に働いてもらうという方法があります。額に汗して働くことは美しいことかもしれませんが、そうではなくて他の人にお願いして働いて頂き、その利益の一部を頂戴する、 …

【平成30年税制改正】新しい事業承継税制で無税にできる。メリットとデメリットを解説

平成29年末に発表された30年税制改正。このうち、いちばんのインパクトはなんと言っても新しい事業承継税制だろうと思います。事業の経営者から後継者へ、やり方によっては無税で承継できるようになる、ということで、大きなメリット …