「寝ながら稼ぐ121の方法」から学んだ12のこと

ジェームス・スキナー氏の著書「寝ながら稼ぐ121の方法」を読みました。

 

どこか「金持ち父さん貧乏父さん」ともかぶるところがありますが、あーなるほど、と思う箇所も多々あり、大変参考になった次第です。

自分にとって勉強になったと思うことを12個ピックアップしてみました。備忘のためにもこちらにまとめます。

  1. モノやサービスを1回売って終わりにしないようにしたほうが良い。会費、購読料、手数料、など繰り返し収入が発生するように仕組みを考えたほうが良い。将来の見えない変動売上よりも確実な固定売上。確かに定期固定収入のほうが経営が安定しますね。
  2. 一回作って、あとは最低限の手間で済むものが良い。書籍、楽曲、発明、など。アプリ開発もありますが、メンテナンスの手間が大きいでしょうか。
  3. 何かの方法やり方を考えたら、自分でやらずに人に売るまたは貸すことによって、寝ながら稼げる。
  4. 複利効果を使ってお金でお金を増やす。これはよく言われる話ですが、まず最初に元手が必要ですけどね。
  5. 株式・公社債等のリスク投資は、リスクゆえに税制面でも優遇されている。これを活用しない手はない。最近で言うと、NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)ですかね。ただし証券会社は手数料で寝ながら稼いでいる。彼らの手数料に注意。
  6. お金持ちになりたいなら、分散投資よりも集中投資。ただし、お金には色をつけて管理すること。病気・失業などの緊急対策用、長期投資用、成長投資用、人生を楽しむ用、など。
  7. 株の売買は、「空売り」を活用したほうが良い。これは駄目だと思う会社を見つけたら空売り。また、5~10%のストップ・ロス・オーダーを必ず入れて保険をかける。ずっと市場の様子をモニターしている訳にも行きませんしね。
  8. 家は借りるより買ったほうがよい。家賃は自分に払うほうが良い。
  9. 投資用不動産は場所が全て。必ず市役所に出向いて都市計画課に相談、場所の過去や未来について理解を深める。
  10. 人目がつくところは、どこでも広告収入を得られる可能性がある。ネットでもリアルでもそれは同じ。
  11. フリーミアム戦略とは最も良いものを無料にして、その他の商品やサービスで稼ぐ考え方
  12. 世界最大の産業は観光業。今後の日本で観光業に関与して寝ながら稼ぐ方法はありそうですね。

何事も勉強ですが、情報収集して具体的に動く者が勝つ!ということだと思いました。

普通の大人が読書量を増やす4つの方法

普通の大人の読書量は極端に少ない

この1年ぐらいいろいろあって、読書量がすごく増えました。だいたい毎月15から20冊くらいの本を読んでいます。ネットで調べますと、大人の平均読書量は月に2.58冊(マイナビ調べ)という統計があり、全く本を読まないという人も36%いると出ています。理由は「忙しいから」とか「ネットで十分」というもの。まあ確かにそうかもしれません。

読書の効果

ですが、本を読むことが習慣になってくると、知識の幅が広がって多面的な考え方が出来るようになり、結果として自分の行動が変わってくるという実感があります。本を読むことはインプットなのですが、なんとなく同時にアウトプットの質も量も改善されるような感じがします。なので、本はやっぱり読んだほうが良いように思います。

プロのやり方

とはいえ、忙しい一日のどの時間に本を読んだら良いのか?どうやって読んだら良いのか?ということが問題になります。専門家の中には読書を仕事にしている人もいて、例えば作家の佐藤優さんがその著書「読書の技法」や「僕らが毎日やっている最強の読み方」(池上彰さんとの共著)で説明しているような、すごいやり方もある訳ですが、普通の大人である私がどのようにやっているのか、紹介したいと思います。

私のやり方 (1)Kindle本を読む

自分の場合、AmazonのKindle本を読み始めてから読書量がぐっと増えました。その理由は簡単でスマホで読めるから、です。特に新書など文字中心の本はほぼiPhoneのKindleアプリで読んでいます。会社の行き帰りの電車の中とか、ちょっとした空き時間にちょこちょこ読むと意外と読み進めることができます。なにより本を持ち歩く必要が無いのが良いです。

また、Kindle本は毎日日替わりセールがありますし、不定期ですが特定の出版社の本が50%引きとかセールがあって、とても安く本を買うことが出来ます。コーヒー一杯程度の値段で1冊買えればとてもお得な気がします。

私のやり方 (2)どこでも本を読む

上記(1)とも繋がっていますが、KindleですとiPadやKindle Fireなど様々なデバイスで読めますので、寝る前はベッドでiPadで読むとか、お風呂にKindle Fireを持ち込んで読むとか、時と場所によって読み方を変えることで読書量が増えます。

私の場合、図や絵が多くiPhoneでは読みずらいレイアウトの本はiPadで読んでいます。またリラックス系の本はお風呂でKindle Fireで読んでいます。お風呂でKindle Fireを読むことを「Kindle浴」といって、ググるとやり方(水没に対する対処法)がたくさん出てきますので、参考にしてください。Kindleですと安いので、お風呂に持って入る心理的ハードルも低いです。

私のやり方 (3)図書館を利用する

自宅から徒歩圏に2つ公立図書館があるため、よく利用させてもらっています。いまどきの図書館は読みたい本をインターネットで検索して予約することができ、準備ができるとメールでお知らせしてくれますので、大変便利です。

図書館で借りて読むメリットは2つあって、ひとつはもちろん無料ということです。月に20冊も読むと本代がばかになりませんので、無料は本当にありがたいです。もうひとつは返却期限(2週間)が切られているということ。期限が決まっているとおしりに火がついて、焦って読みますので、読書量が伸びます。ただし、借り物なのでお風呂で読んだりとかは出来ないのが残念な点です。

私のやり方 (4)速読する

やはり量をこなすには速く読むことが必要です。速読というと眼を早く動かしたり、特殊な技能のような感じがしますが、そうではないやり方もあります。これは「王様の速読術」という本から学びました。すこし慣れれば誰でも速く読めるようになると思います。

まとめ

以上のように、Kindleや図書館を活用していつでもどこでも速く読むという習慣がつけば、毎日忙しい方でもわりと楽に月15冊くらいはこなせるようになると思います。読書は投資の対象としても費用対効果が大変高いです。お試しあれ!