鹿児島県奄美市の「フリーランスが最も働きやすい島化計画」がすごい

私が仕事させて頂いている松田猛税理士事務所のお客様で決算作業があり、4日ほどの日程で鹿児島へ行ってきました。このタイミングで、産経ニュースに下記の記事が掲載され、奄美市がんばっているな、ということでどんなことをやっているのか調べてみました。

「どこでもできる仕事」を鹿児島・奄美で 移住者呼び込みへフリーランス育成

上記の記事にもある「フリーランス寺小屋」は、奄美市がバックアップしている(と思われる)「フリーランスが最も働きやすい島化計画」というサイトに詳しく出ています。

こちらのサイトによると、以下のように書かれています。

 

「フリーランスが最も働きやすい島化計画」は平成27年7月1日よりスタートしました。本計画では、以下のことに取組み、2020年までに200名のフリーランスを奄美市内で育成すること、また、50名以上のフリーランスの移住者を呼びこむことを目標にしています。

  • ICT活用企業・地元企業と連携による島での働き方支援
  • 人材育成セミナーなど各種講座の開催
  • 奄美市にフリーランス支援窓口を設置
  • 「奄美フリーランス協会」設立支援
  • 移住支援(空家バンク、定住促進住宅)
  • コワーキングスペースの提供
  • インターネット環境の整備

 

要するに、リモートから仕事しやすいインフラなど環境面を整備して、フリーランス個人事業主を呼び込むことで、所得を奄美市に呼び込み、地域を活性化させようという狙いです。

確かに最近ではインターネットがあれば、場所に捕らわれずに仕事できる業種も増えてきており、ワークライフバランスを実現するためにも都会の雑踏を逃れて奄美市のようなきれいな所で生活するのは良いですね。

自分の場合もそうですが、一般の企業でも職種によっては在宅勤務やリモートワークが可能な場合があり、フリーランスだけでなく、そういった人達を呼び込むというのもアリな気がします。そのほうが所得・消費の取り込みという意味では即効性がありそうです。ただし、長い目で地域との結びつきという面ではフリーランスや自由業の方の方が根をおろしてくれそうですが。

ランサーズさんの「エリアパートナープログラム」という取り組みを見ると、奄美市以外にも足利市や南房総市なども同様の取り組みを行なっている様子。地方にとっては単にお金を持った人が来て消費してくれるというよりも、所得の流れを呼び込んでくれる人に来て欲しいということを聞いたことがあります。

こういった取り組みが全国の地方自治体に広がっていって欲しいところです。

 

2017ブロガーズフェスティバルに行ってきた

タクスズキ氏の著書「副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト」を読んでいて「ブロフェス」なるものの紹介がありました。調べたところこれはブロガーズフェスティバルというもので、ブロガーの祭典ということがわかりました。年に1回で今年は来月(9月30日)じゃんということで、早速申し込みしました。早割り期間は終了しており参加費5000円。

自分はブロガー業界のことがあまり分かってないのですが、成功しているブロガーさんの体験談を聞くことは大変刺激的で勉強になった次第です。都合で4時くらいまでしか居られず、ライトニングトーク以降に参加できなかったのですが、参加費は安いと感じました。

中でもマネタイズの話題で話された Ayanさんのお話は参考になりました。これまで知らなかったことをいろいろ聞けてよかったです。

全体を通じて思ったこと感想は次のとおりです。

  • ブログで効率的にマネタイズするためには、マネタイズしやすいマーケットを狙う必要があるなと思いました。女性・子供・高齢者をターゲットとしたブログは効率が良さそう。確証はないですけど。
  • ニッチな記事のほうが返ってマネタイズしやすいように思いました。例えばグーグルアドセンスは記事の内容に合わせて適切な広告を配信するようになっており、読者のニーズにあった広告が出やすいからです。グーグルアドセンスは以前は本文と全く関係ない広告とかが出たりしたこともありましたが、最近はたぶんAIによるフィルタリング機能が発達してニッチな記事でもフォローしてくれる気がします。
  • ステマではない記事広告というマネタイズ方法があることを初めて知りました。広告主もブロガーに書いて欲しいと思っているということで、そういうものかと。そのブロガーにどのような影響力があるのかが可視化できるようなサービスがると、広告主もお金出しやすいだろうな、とか思いました。
  • 文書と写真の話がメインで、動画の話が無かったように思いました。ブログと動画はどうレバレッジされていくのだろうか?小学生がユーチューバーを見まくっている時代ですし、このレバレッジは大事かなと。答えは無いのですが。
  • ブログ用に撮った写真が売り物になる、というも気づきでした。考えたこともなかったけれど、確かにこれは写真を撮るモチベーションになりますね。珍しいものであればあるほど、写真素材としての価値は上がるかと思います。

いろいろ勉強させてもらい、運営に携わったみなさんに感謝です。これだけの会を運営するのは準備が大変だったはず。来年もまた宜しくお願い致します!

郵便局の対応と不均一サービスの解決方法

 

「不在届」で問題発生!

こんどしばらく出かける用事があり、最寄の郵便局(集配を行う大きな局)に「不在届」を出しに行ったのですが、そこで起きた出来事について考えます。

不在届というのは、これを出しておくと一定の期間郵便物の配達をストップしてくれるものです。郵便物があふれたり、いかにも留守ですと空き巣にサインを送るのを防ぐためです。この間の郵便物は郵便局が保管して、期間が終わるとまとめて配達してくれる便利なサービスです。

うちの場合、歩いていける距離に郵便局があり、そこでいつも不在届を出しているのですが、今回にはじめて受け付けてくれない、という事態に遭遇しました。

郵便局の人 「お客様の住所ですと、こちらの管轄ではないので、管轄の郵便局に提出してください」

私 「え?いままでこのやり方で大丈夫だったのですが・・・管轄の郵便局とはどこですか?」

郵便局の人 「管轄の郵便局に提出頂くのが正しいやり方です。お客様の場合ですと、xxx郵便局やxxx郵便局に行ってください」

まじか?教えたもらった郵便局は車で20分くらいかかる遠方の場所や、平日5時までしか開いていない小さな郵便局です。郵便局同士で転送してくれとゴネようかと思いましたが、後ろに8人ぐらい行列が出来ていて、遠慮しておきました。。。

家に戻って、うちの住所を管轄している郵便局が他に無いのかと調べてみたのですが、郵便局の管轄が分かる資料はWebサイト上には無いようです。管轄図とかが掲載されているのかな?と思ったのですが、見当たりません。

という訳で、教えてもらった郵便局に黙って行くか、電話して聞くかしかない状況になってしまいました。

 

不均一サービスの解決方法

ここでの問題は2つあるように思います。ひとつは管轄の郵便局に出せと言いながらそれを調べることができない環境面の不備、もうひとつは不均一サービスの問題です。つまり、対応する人によって内容が違ってしまう、ある人は管轄ではないけど受領して転送してくれるのに、ある人はルールどおり受領しない、といういわゆる当たり外れの問題です。

もちろんルールを徹底するように最近お達しがあったのかもしれませんが、利用者の私から見れば単なる不均一なサービスとしか写りません。

こういう不均一なサービス(inconsistency)はサービス業務においてはかなり致命的です。お客様満足を損ない、客離れを招きます。従ってサービスのプロセス設計や維持管理において、不均一を起こさないための取り組みが必要となります。

そのための方法論としてよく使うのは、次のようなものです。

(1)サービスの開始時や変更時には、サービス提供スタッフだけでなくお客様に対してもその内容を十分に周知する必要がある。特に今回のようにサービス内容が変わったのであれば、それを様々な手を使ってお客様に伝えることが大切です。日本郵便の場合、特にそのような努力は見受けられません。

(2)覆面調査をする。色々なサービスメニューに対して提供スタッフがある程度均一な対応が出来ているかどうか、お客様に成りすまして確認します。内容にもよりますが、バイトを雇ったりして実施します。びっくりするほど不均一な場合があり、程度に応じて是正措置を講じるようにします。

日本郵便さんも不動産会社の買収とか手を広げていくのも良いのですが、足元の基本的なサービスがおろそかにならないようにお願いしたいものです。