【英語小話】英語のmannerと日本語のマナーの語感が違う

デービッド・アトキンソンさんの「世界一訪れたい日本のつくりかた」の中に出てくる話なのですが、英語の”manner”という言葉の使い方についてです。


本書は「新観光立国論」のサブタイトルのとおり、成長産業としての観光をどうやって振興したらよいのか、という内容で、データに裏づけられた示唆に富んでいます。そのなかの観光地での外国人への接し方の話です。

 

Mannerの語感の違い

日本では観光地に限らず色々な場所で「マナーを守ってください」という表現がされていますが、このマナーというのは英語のmannerとは少し語感が違うので、注意しましょうということです。

確かに、日本語で言うマナーというのはどちらかと言うと英語では”rule”とか”guideline”が近いように思います。要するに、その場所での決まりや規則のことです。

これに対し、英語のmannerはその人の品格とか品性という語感になり、人格に近いものを示しています。したがってマナーが悪いなどというのは、かなり人格否定に近い響きがあって、教養がない人とか品性に欠ける人と言う感じがしてしまいます。

このため、英語のネイティブスピーカーである外国人に対して「マナーを守れ」というのはかなり衝撃的できつい表現です。もっとも、英語と日本語のマナーの語感の違いはちょっと難しいようで、Google 翻訳で「マナーを守る」と入力して翻訳すると、「protect manner」となります。これって完全に間違っていますね。

もちろん多くのこうした外国人は単なる誤訳として受け流してくれていると思います。私たちが外国で見るへんてこな日本語と大差ありません。

 

正しく伝えるには

では、マナーを守って欲しい時になんと言えばいいのかと言うと、おそらく”Please follow the rules”とか”Please follow the guidelines”というような表現で良いのではないでしょうか。これであれば、ここには決まりがあるのでそれに準じてください、という軽いお願いになると思います。

デービッドさんが書いてるように、地方の旅館などに行くと確かに外国人向けのマナーを守れと言う表示が目につくことがありますが、あまり細かく書きすぎるのもどうかという気がします。最近は外国人の方もネットでそれなりに予備知識を仕入れて日本に来ますので、そこまで迷惑に感じるということもないように思います。相手を不愉快にさせる程細々書かない方が良いでしょう。

以上、英語のmannerと日本語のマナーの語感が違うという英語小話でした。

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

詳しいプロフィールを見る

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

お問合わせはこちら

「お疲れ様です」とメールで書く人

メールで書き出しが「お疲れ様です」という人いますよね。私はあまのじゃくなので、こう書いてあると「疲れていません」とか「あなたのせいです」とか返したくなります。少なくとも自分は「お疲れ様です」を書いたことがないです。書くなら「お世話になります」です。

もちろん本人に悪気はなく、単なる挨拶の言葉として書いているのでしょうが、それにしてもあまり好きになれません。どういう訳か自分の経験では、営業職とか外回りの人にこの「お疲れ様です」率が高いような気がします。

彼らはそんなに疲れているのでしょうか。おそらくそうなのでしょうね。

 

外国には「お疲れ様です」が無い

思うに、「お疲れ様です」には日本人の仕事に対する姿勢・態度のようなものがよく現れているように感じます。仕事は苦役でイヤイヤやっている感が非常に出ていると感じるのです。まずこういう心の持ち方から直さないと、「働き方改革」なんてありえませんね。

外国の方とメールでやり取りをしていても、英語で「お疲れ様です」に該当する表現を見たことがありません。仕事の相手に”You look tired”なんて言ったら、喧嘩売っている響さえあります。試しにGoogle翻訳で見て見ると”cheers for good work”なんて出てきますが、聞いたことないですし。おそらく、フランス語など他の言語でも「お疲れ様です」は無いでしょう。

なぜ「お疲れ様です」が無いかというと、仕事というものをもっと積極的に捉えているからではないでしょうか。つまり、仕事はワクワクして楽しいもの、自己の実現に必要なもの、という感覚です。もちろん全員がそうではないでしょうが、少なくとも納得してイヤイヤやっている訳ではない感じがします。疲れるほどイヤなら辞めてしまって、そうではない仕事に変われば良いだけですから。同じ生活の糧であっても、その捉え方・姿勢でずいぶん幸福度が違うでしょう。

 

「お疲れ様です」と書きそうになったら自分が休もう

「お疲れ様です」と言っているほうこそ、本当は疲れているのかもしれません。そんなときにはぼーっとして疲れをとりましょう。そのやり方はこちらの本が参考になります。

以上、「お疲れ様です」には日本の終身雇用を前提とした仕事に対する苦役感が出ていて好きになれないなーという話でした。もっと楽しい気分で毎日の仕事をしたいものですね。

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

詳しいプロフィールを見る

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

お問合わせはこちら

 

すこし楽しい英単語の覚え方

「変人」は英語でなんというのか?

先日とある文書を英語で書いていまして、自分のことを「変わった人間」という場合に、どう言えば伝わるのかな?と疑問に思い、久々に辞書で調べてみました。ネットでどんどん調べられますので、便利な時代になりました。

まずぱっと思いついたのは、「weird person」という言い方です。Weirdはウィアードという感じの発音で、結構口語で使われてている印象です。学校英語的にはStrangeが思いつきますし、日本人は普通「変な」を英語で言う時にStrangeが出てしまうと思うのですが、ちょっと堅すぎる語感があります。

それで辞書で調べてみると、Weird=変わった・風変わりな、という感じで自分の言いたい「変わった人間」はこちらの感じに近いようです。一方、Strange=不思議な・未知の、という感じで「strange person」では不思議な人・不思議ちゃんという伝わり方になってしまいます。

では、「変人」という場合にはどうなのかなと思って調べてもあまりぴったり来るものが無いようです。やはり、「weird person」なのかなというのが結論です。

 

では「変態」は?

調べ始めると止まらなくなって、では「変態」だとどうなのだろうか?と。これにぴったり来そうなのは「Pervert」ですね。ただし、こちらはむしろ変質者とか痴漢の意味に近く、ほとんど犯罪者です。かなり近しい友達に「おまえ変態かよっ!」の意味で「You pervert!」とかいうことはあっても、普通使わない言葉かと。

また、気難しい・近寄りがたいという意味での「変な」は「Crank」という言葉もありますね。思想が変わっている奇人という意味では「Freak」ですし、オタクという感じですと、「Geek」や「Nerd」という言葉があります。

 

繋げて覚えると楽しい

「変人」ひとつで随分たくさんの言葉を覚えられますね。こうやって連想でニュアンスの微妙に異なる言葉を繋いで、まとめて覚えてしまうのも効果的な勉強法です。こちらの本も参考にどうぞ。

We Are All Weird

ところで、「We Are All Weird」という本もありますね。みんなと同じなら良いという時代は終わり、「変人」のほうが選択肢が広がって豊かな人生だ!という内容です。凡庸よりとんがってた方が良い、同じよりも違うことに価値がある、ということですね。今の時代とはまさにそういう感じがします。Kindle Unlimitedで無料で読めます。

以上、すこし楽しい英単語の覚え方という話題でした。

━━…━━…━━…━━…━━…━━

サンクプランズ・コンサルティング

━━…━━…━━…━━…━━…━━

個人・中小事業者のお客様を対象に会計サービス、コンサルティング、デジタルコンテンツ販売、セミナーなどを行っています。

詳しいプロフィールを見る

会計サービスについて

コンサルティングについて

デジタルコンテンツ販売について

セミナーについて

お問合わせはこちら